2011.5.6

[翻訳News] インドネシアで急成長のフィットネスソーシャルネットワークSixRepsの戦略を聞く

91

【翻訳 by Conyac】

(訳注:SixRepsはDenny SantosoとSanny Gaddafiの2人が2010年に設立したフィットネススタートアップ。本拠地はインドネシアのジャカルタにある)

SixRepsは、ここ2カ月で驚異的な成長を遂げたフィットネスファンのためのソーシャルネットワークだ。

共同創設者のDenny Santosoは2週前にシンガポールにやって来た。そして我々はSixRepsについて素晴らしい議論をすることができた。Dennyが新規事業戦略や彼のスタートアップ哲学を教えてくれたので、大変実りあるものになった。彼が語った成功への鍵ーそれは顧客へ真のメリットを安定して提供し続けることだという。

インタビューをご覧いただきたい

1.SixRepsの現時点のゴールを教えていただけますか?

現在の目的は、スケーラビリティのあるインフラを開発することです。グローバル展開もすぐなので、サーバーや機能、サードパーティー向けアプリのAPIを準備しなければなりません。私たちがグローバルになってサービスをより多くの国に展開することはまた、SixRepsのユーザーになることのメリットをより多くの人々にお知らせする必要が出てくるでしょうね。

2.ゴールに向けての戦略はどのようなものですか?

メリットの提供が鍵です。より多くの方々にSixReps.comへ参加してもらうということは、同じく私たちも彼らのためになることを提供する必要があるということです。SixReps.comはフィットネス関連の企業とユーザーをつなぐかけ橋ですから、より多くのメリットをユーザーへ提供するために、多数の企業と協力する必要があるでしょう。

たとえば、多数のフィットネスセンターがSixReps.comに参加し「無料お試し会員」をユーザーに提供することは、理想的なウィン・ウィンの関係を作ってくれます。お試しを気に入ったユーザーは、フィットネスパッケージを購入することになるでしょう。

実際、私たちはサービスを海外で拡大するために、米国のフィットネス補助食品会社と交渉中です。双方が協業することの相互利益を感じています。その会社には100カ国以上に広がる巨大なフィットネス・ネットワークがあるので、契約が完了したらより詳細をお知らせしますね。

3.おお、おめでとうございます!ゴールを目指す上で最も大きな壁は何ですか?

この業界は非常に大きく、私たちが利用可能なフィットネスセンターとその加盟店は大変多いです。私たちに必要だったのは可能な限り短い時間でことを起こす方法や戦略でした。例えばインドネシアには、およそ1200~1500のフィットネスセンターがあります。可能な限り短時間で彼ら全員にどうやって連絡するかなんて、1つのチャレンジです。ただ、いまのところほとんどの加盟店は私たちの考えに好意的ですけどね。

4. なぜ SixReps に加入したほうがいいのでしょうか? ユーザーやフィットネスセンターにとっての利点は?

SixReps.comに加入することで会員は多くのメリットを得ることができます。SixRepsの目的は、熱心なフィットネス利用者のためのソーシャルネットワークを構築することです。例えば人は自分の身体について 3つの目標を持っています。痩せること、筋肉をつけること、もしくは単純に健康を保つために運動をするのです。そして多くの場合、ハードルになるのは知識なのです。私たちはフィットネスやダイエット等に関する知識を共有するための場所を会員に提供しているのです。

また私たちは会員が利用することのできるフィットネスデータベースの構築も行っています。SixRepsでは会員は自分の成績を共有することもできます。例えばフィットネス以前と以後の写真などです。誰にも興味を持ってもらえないなら、筋肉をつけたいなんて思わないでしょう?

フィットネスセンターやブランド企業が SixRepsへ加入するメリットは、対象となる潜在顧客へのブランド露出を最大化できることです。ブランド露出だけでなく、顧客に直接関わり、顧客へ話しかけ、製品サンプルや無料体験などを提供することも可能です。

SixRepsパスポートはSixRepsの会員IDとしても使えます。会員はSixRepsパスポートを印刷してパートナー(フィットネスセンター、ショップ、企業)へ持ち込み、それを見せることで特典をもらうことができます。企業にとってはSixRepsパスポートを持って来店した人へジムの無料体験や割引などを提供することができることになるというわけです。

5. フィットネスセンターが SixReps に加入するにはどうすればいいのですか?

私たちはいつでもパートナーシップやフレンドシップを求めています。興味がある方はどなたでもpartnership@sixreps.comにご連絡頂ければ。

6. 今後の展開は?

現在SixRepsを利用するためのモバイルアプリを開発中です。例えば、ジムへの招待、フィットネスセンターへのチェックインなど、多数の機能が提供されることになります。

SixRepsパスポートもモバイルアプリから利用可能になり、利用者はどこででも特典を得られるようになります。

【via Penn Olson 】

91

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2009年7月に設立された。 既に存在する巨人に比べて弱小だが、インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアのそれの発展に貢献すると考えている。月間3万〜50万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

Popular News

Latest News