打倒Zynga−日本のソーシャルゲームgumiが2500万ドルの資金調達

by Rick Martin Rick Martin on 2011.12.13

【翻訳 by Conyac】 【原文】

数週間ほど前、我々はソーシャルゲームメーカーgumiの創業者で代表取締役社長である國光宏尚氏と、彼の企業の事業展開について会談をする機会を得た。日本において最大のゲーム開発企業の1社として、毎月全体で600万人ものユーザー数を誇り、その数はいまだ増大している。

先頃gumiが、EAのFIFA World Class Soccerを日本のGREEプラットフォームへ持ち込むことを実現化するための手助けをしたことは、読者ならご存知だろう。

同社は先頃、ジャフコ、DBJ キャピタル、新生銀行、ニッセイ・キャピタル、三菱UFJキャピタル(ベンチャーキャピタル)、そしてコーエーテクモホールディングスから20億円(約500万米ドル)もの資金調達をおこなったことで、今日はさらに良い知らせを聞けるだろう(Techcrunch 日本語版から、情報を起こしてくれている西川浩司氏に大変感謝している)。我々は國光氏とコンタクトをとり、本日(原文掲載日12月5日)のニュースについて いくつか簡単な質問を投げかけてみた。

Gumiは既に利益を計上しているのでは?なぜ新たな投資ラウンドを組んだのか?
「はい、利益を計上しているのは確かです。しかし、我々は今回の投資ラウンドをもって日本および国外でのM&Aを実行することができ、これは我々の海外での事業展開を促進するためでもあるのです。」

gumiの将来計画は?
「打倒Zyngaです!そして(最大の)モバイルソーシャルゲーム企業になるということですね。我々は、特にFacebookモバイルプラットフォーム上でのHTML5を基盤としたアプリケーションのリリースに強く焦点をあてています。PC向けゲームやiOS/Android向けのネイティブ・アプリケーションの開発は考えていません。我々は戦略的に、ソーシャルゲームの未来ともいえる HTML5を基盤としたモバイルゲームに的をあてています。」

現在のチーム規模は?さらなる人材雇用は考えているのか?
「現在、東京に120名、西日本の福岡に20名チームスタッフがいます。我々は、来年4月までに(さらに)グローバル化することを考えており、250名ものスタッフを抱えることになるでしょう。」

この記事の執筆には、Willis Weeが貢献した。

【via Penn Olson】 @pennolson

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------