2012.1.31

シンガポールで、JFDI-Innov8 Bootcamp 2012のスタートアップに会おう

12

今回は、以前にもスタートアップ・デイティングで取り上げた、シンガポールのスタートアップ・アクセラレータ「JFDI」の 寄稿の邦訳をお送りします。This Japanese translation was reproduced with the approval of The Joyful Frog Digital Incubator (JFDI) who holds the copyright of the original article.

【原文】

我々のクラスに入るスタートアップの第一弾が、いよいよ来週(1月第4週)、JFDI-Innov8 2012 Bootcamp に参加する。(事前告知時の関連記事

1月26日から、選ばれしスタートアップは、プロダクトを開発するのみならず、出資を受けられるビジネスを作るべく、100日間のレースを始めることになる。5月には投資家が小切手にサインすることになるわけだ!

シンガポールフィリピン、オーストラリア、インド、インド、タイの6箇所で開かれたスタートアップ・ウィークエンドで、参加者総計1000名、うち、申込者300名から選抜されたスタートアップたちだ。

創業者の出身国は、シンガポール、インドネシアマレーシアフィリピン、インド、ニュージーランド、カナダ、フランス、オランダ。

では選ばれしスタートアップをご紹介しよう。

Fetch Plus:
技術的知識なしに、ビジネス向けの FacebookTwitter ページを構築・運用できるツール。

Fill8(タイ):
モバイル向けのソーシャル・コマース・アプリケーション。AIS スタートアップ・ウィークエンド・バンコクでであった。すばらしいデザインスキルを持っており、東南アジアの女性マーケットにどう影響を与えるのかが楽しみだ。(訳注:バンコクのスタートアップ・ウィークエンドは、タイの携帯電話会社AISがスポンサードしている。)

Flocations:
以前BBCでも取り上げられたことのある、旅の発見サービス。シンガポールに拠点を置き、創業者はフランス、カナダ、インド、シンガポールの出身である。旅行好きが講じて、このサービスを作った。彼らは毎週、東南アジアのリゾートに出かけており、しかも出張経費扱いにしているから、天才だと思う。

Gradeful:
保護者、学生、教師の協力を支援するモバイルアプリを作るシンガポールのスタートアップ。当初は、どんなときに子供を叱ればよいかを親に教えるアプリを作ると思っていたのだが、次第に利益を出せることが明らかになってきて、今はわくわくしている。シンガポールは小国だし、親たちはあまり子供を叱らない。そこで、ピボットすることにした。

Hobby Mash:
スタートアップ・ウィークエンド・マニラのトップチームだ。共通の関心を持っている人々のコミュニティをつなぐためのウェブアプリを構築している。ミートアップを開催することで、マネタイズも可能だ。

Jobs Bolega:
Airtel スタートアップ・ウィークエンド・グルガオン(インド)から選抜された。東南アジアのブルーカラーワーカー向けに、音声ベースのソーシャルネットワークを構築している。(訳注:グルガオンのスタートアップ・ウィークエンドは、インドの携帯電話会社Airtelがスポンサードしている。ブルーカラー向けなので、識字率の問題をクリアしようとしていると考えられる)

Kark Mobile Education:
ジャカルタの Telkomsel スタートアップ・ブートキャンプで第1位を獲得。彼らは歴史のあるモバイル・ゲーム会社で、新たに教育ゲーム分野への進出を模索中だ。。(訳注:ジャカルタのスタートアップ・ブートキャンプは、インドネシアの携帯電話会社Telkomselがスポンサードしている。)

Ontheroad:
旅行販売員向けのモバイルアプリ。創業者の女性二人はニュージーランド出身で、すごくたくましい。

Rocket Science Concepts:
JFDI には最も遠いところからやって来てくれた。オランダ人3人からなる創業チームは、友人と一緒にどこへ行ったらよいか、決心させてくれるコラボ旅行アプリを構築している。実際に、創業チームはこのアプリを使ってシンガポールまでやってきたのだそうだ。

Qryo:
フィリピン出身で、タバコをチェーンスモークする超オタクたちのチーム。彼らが海外に出るのは今回がはじめてらしい。でも、JFDI の建物にこもりきりなので、彼らはシンガポールで何も見ずに帰ることになるだろう。印刷の将来を変えるような、QRコードをベースにしたアプリを構築中だ。

TribeHired:
紹介型の人事採用アプリケーション。気骨という言葉がそのままあてはまるような、極めて慎重なマレーシア人によって設立された。いい感じ。

Wildby:
クラウド上におもちゃを置く。シンガポール出身の Wildby の創業者たちほど、おもちゃのことが好きな人は居ないだろう。彼らはロボット製作やデザインに造詣が深く、Hackerspace.SG に常駐しているロボットも彼らが製作した。

ここに上げた以外のスタートアップは現時点でステルスモード(非公開)だ。このリストが今後長いものになったとしても、驚かないでほしい。

【via The Joyful Frog Digital Incubator (JFDI)】 @jfdiasia

編注: ここに掲出したスタートアップ各社については、JFDI の拠点となっているインキュベーション施設「Blk@71」(シンガポールテレコム、シンガポール国立大学の協力による運営)で出会うことが出来る。2月1日には、「Blk@71」で Startup Asia Singapore のレセプションが開かれる。

12

ゲストライター

ゲストライター

「The Bridge」はアジア圏の起業家と投資家をつなぐプラットフォームです。スタートアップに関するニュースサイトとデータベースを融合して、Bridgeスコアによってスタートアップへの注目度を数値化します。

Popular News

Latest News