GREE,DeNA,mixi−日本のソーシャルメディア大手のユーザー数推移グラフ

Rick Martin by Rick Martin on 2012.2.27

【翻訳 by Conyac】 【原文】

先週は会計報告など様々な騒動が起こったが、業界大手が利益を出しているかどうか、さらに今後どのように成長していくかという見通しが伝えられた。GREE、DeNA、mixiはユーザーの注目を集めようと必死だ。

各ソーシャルメディアのユーザーをただ比較することはできないのは、やはりこの2社(GREEとDeNA)はモバイルソーシャルゲーム企業であり、mixiはソーシャルネットワークを楽しむものだからである[1]。だがこの3社には間違いなく重なっているビジネス分野があり、この日本の大手3社のそれぞれの状況に注目していきたいと考えている。

日本のソーシャルネットワーク、mixiが2011年度の第3四半期決算[2]を発表した。最後にユーザー数を確認した時の数字から考えると、昨年前半から停滞期に入ったようだ。2月に開催されたStartups in Asia の壇上でインタビューした日本のウェブ業界のソーシャルエキスパートであるSerkan Totoによると、FacebookとTwitterとの競合環境にも関わらず、ユーザー数が1500万人を超えた状態を維持していることは興味深いと話していた。

mixiは多くの事業に進出するようになり、その成果は出ている。例えばこの1年間で、Facebookページのような企業ページを展開し(今では総計16万以上)、スマートフォンUIのブラウザを開発し直し、ゲームの提供数も拡充している。また最近ではDeNAとソーシャルコマースの分野で提携した。

GREEは最近ユーザー数がおよそ1億9千万人となったが、この大部分は昨年獲得したOpen Feintの会員である。GREEが伝えたところによると、日本のユーザー数はトータル会員数の15.3パーセントであり、概算でおよそ2900万人としている。この数値はGREEが発表した最も最近のデータを元にしている[3]。

GREEは当然ながら世界市場でも成長しており、海外の至る所に9つのオフィスを設置している。 2012年3月期第2四半期決算によると、純売上高はおよそ5億3900万米ドルとなり、昨年同時期に比べ190パーセントの上昇率となっている。

一方で、DeNAはソーシャルゲームプラットフォームであるMobageのユーザー数がおよそ3,600万人に到達したと発表した。Mobageの月ごとのユーザー数に関するデータはないが、以下のチャートを見るとそのプラットフォームの長期にわたる成長が分かる。同業他社のGREEのように、DeNAは世界中に支店を広げ、提携を拡充しており海外への進出を強化している。下の図の数値にはMobage GlobalやMobage Chinaは含まれておらず、Ngmoco’s Plus+ネットワークも入っていないことに注意して欲しい。

収益に関して言うと、DeNAの2011年12月31日までの第4四半期の純売上高はおよそ4億4,800万米ドル。昨年同時期よりも16パーセントアップしたと発表した[4]。

海外のソーシャルメディアであるFacebookTwitterは日本ではどうだろうか。Social Bakersの最近の報告によると、Facebookの日本でのユーザー数はおよそ680万人であるが、現在でも急速に会員数を伸ばしておりmixiのことを他社よりも気に掛けている。Twitterは日本でFacebookよりもかなり早くから広まり定着の度合いも高いようだ。フランス企業の Semioticsによると、日本のTwitter人口は世界第3位で、そのユーザー数はおよそ3千万人と推定している。

[1]りんごとみかんは比べようがないが、おそらく様々な種類のりんごを比較するようなものだ。
[2]Mixiの2011年第3四半期の収益
[3]GREEの2011年7月から2011年12月までのユーザー総数に注目しており、「GREEの地域別パーセント値」に「GREEのグループ総数」のユーザー数を掛けて各地域のユーザー数を計算した。このデータはGREEの2011年6月30日までの年次報告書、2011年6月30日までの会計年度第4四半期の決算および2012年6月30日までの会計年度第2四半期の決算を元にした数値である。
[4]DeNAの四半期収益報告は2月7日付けのもので、MobageのデータはDeNAの協力により提供されたものである。

【via Penn Olson】 @pennolson

-- PR --

Rick Martin

Rick Martin

東京在住。日本、中国、アジアのテクノロジーについて、Tech in Asia、Japan TImes などの出版物に寄稿。彼のウェブサイト 1Rick.com も要チェック。

人気ニュース