KDDIとVCグローバルブレイン、6600万米ドルの資産で世界的なスタートアップの輩出を目指す

by Rick Martin Rick Martin on 2012.2.27

【翻訳 by Conyac】 【原文】

KDDIは、50億円(約6600万米ドル)の資産を持つその新しい投資ファンドで、日本、アジア、アメリカのモバイル系スタートアップに焦点をあてていくことを発表した。

ファンドは、日本のベンチャー企業のグローバルブレイン(国内のISPとポータルサイトのNiftyと協賛してきた)が管理し、有価証券事業のための機会と共同経営を開発する。シンガポールを将来的なアジアにおける活動の中心地として見ており、シンガポール国立大学アントレプレナーシップセンターと手を組んだ。

「現在、我々はスマートフォン関係部門で実績のあるサービスや技術を持つスタートアップを探しています。アプリ事業だけでなく、広い意味でKDDIと生態系を作り出せるような事業を探しています。現在はアメリカ、シンガポール、中国、韓国、 台湾でのチャンスをうかがっています。既にこれらの国々の企業と話をしました。インド、インドネシア、ベトナム、マレーシアといった他の地域でも良いスタートアップが生まれていることも認識しています。」

KDDIの代表者は我々に対して、そのファンドが起業支援プログラム『無限ラボ』(企業が新しいアプリをスタートすることを支援)に直接関係がないとは言っているものの、無限ラボの会社は誰に対しても開かれているため、この新しいファンドを通して投資される可能性もあるという。

それを踏まえ、もしあなたが起業する気のある若者ならば、グローバルブレインは現在ウェブサイトで申し込みを受け付けている。関連した話では、J-Seed Ventureはが先日東京でベンチャージェネレーションと呼ばれる新しいインキュベーション施設を発表した。彼らもまた現在エントリーを受け付けている。

画像: ciaociao on Flick

【via Penn Olson】 @pennolson

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------