スタートアップを起業する者にとって、MBA取得の価値はあるのか?[インフォグラフィック]

by JasonLim JasonLim on 2012.6.6

【翻訳 by Conyac】 【原文】

このインフォグラフィックはTony Shin氏と彼のデザインチームから送られてきたものだ。その意図について、Shinは次のように語っている。「これはMBA取得の価値観についての論議を促進するために作ったものだ。人は、更なる学歴を積まないと成功しないという考えに惑わされたりすることも多い。だから、このインフォグラフィックでは、成功するために学歴を積まなくても成功した人達を示すことで、この問題に光を当てている。」

私も以前にMBA取得を考えたことがある。コンサルティングをしていた時には、それが当然のことのように思えた。だが、その後に起業やスタートアップに興味を持ち、起業を他の何かで埋め合わせることはできないだろうと思った。私の友人には、非常に頭が良くて、スタンフォードやウォートン、ハーバードやインシアード(Insead)などの世界の著名な大学でMBAを取得している人がいるし、彼らはそれによって大きな価値を得ていると思う。だから、MBAの取得に価値があるかどうかはその個人による。

このインフォグラフィックは、学費が高くなる一方でMBA取得後の平均所得が横ばいであることも示している。学生の学費ローン返済が難しく、MBA取得者の5人に1人は学費ローンの債務不履行となっていることがわかる。

さらに興味深いのは、最も成功している実業家でMBAを取得していない人として、Warren Buffet氏、Larry Ellison氏、Bill Gates氏などを挙げていることだ。またアメリカの大統領で唯一MBAを取得しているのはGeorge W. Bush氏だが、彼はビジネスマンとして成功しているだろうか?要は、MBAを取得すれば必ずビジネスの成功につながるとは限らないということだ。だが、もちろん、これら成功した人達は特別だ。

結論として、起業家は会社を設立するためにお金を使うべきで、教室に座るための学費に使うべきでない。

以下のその他の統計と見解について目を通してほしい。

【via Technode】 @technodechina

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------