StartupDating水曜サロンで8組のサービスがピッチ【ライブログ終了】

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2012.7.18

【更新:19日/飛んだbappy!の原稿の復元に成功しました。謹んで再掲させて頂きます】

AD&Joy(アドエンジョイ)

AD&JOYはTNKFactoryとロケットスタッフが共同開発したCPI・CPA広告メディア。ユーザーは無料アプリやサービスを利用するだけですぐポイントが貯まり、AmazonやStarbucksGiftCardに交換したり、他の有料アプリを利用できるサービス。

高榮郁氏は20歳で韓国から来日。Peppermeetなどのアプリを手がける。韓国のITチャンネル(テレビ)の日本特派員。

アドエンジョイの開発背景

アプリの集客をどうしようという問題があった。バイアウトが少ない日本でアプリの収益はどうするか。そういう市場でクローンをつくってどうするのか。IPOを目指しても体力が続くのか。そういう問題があった。確実に収益を出すサービスというのはなんなのか。韓国のパイプが太い、カルチャライズ、アプリの実績を元に立上げたのがアドエンジョイ。

韓国にはそういうサービスがなかった。日本オリジナル。広告のなかにアンケートなどのリワードが入っている。ポイントがもらえてアマゾンカードなどと交換できる。開発のきっかけはテレビ出演などで、初アポから1カ月で開発完了。Peepermeetは出稿後に300位から97位に上がってきた。アドエンジョイの効果が証明できた。ライフスタイルなどで2位になった。来週早々に広告代理店との提携発表も。

Forkwell

4月にリリースしたエンジニアとクリエイターがスキルベースでつながるネットワークサイト。スキルをタグで表示してそこにユーザーが投票することで、エンジニアのスキルが客観的に分かる。今日、リリースするのが話題の求人で、求人企業が報酬付きで掲載する。社員がその求人を応援することでその社員の友人に情報が届く。制約すると応援してくれた社員に紹介報酬が支払われるようになる仕組み。

僕の来た道

「僕の来た道」は、毎日の行動を自動的に記録するライフログアプリ。

CMO室はヤフーでスタートアップのようなことをやるための部署。もともと名古屋で地図系の事業をやっていて、いつの間にかヤフーになっていた。現在はLatLongLabで開発を続けている。

買物のリマインダーアプリの「あれ買った?」位置に反応してリマインドするアプリ。スーパーの近くにいったら牛乳買ってきてとリマインドしてくれる。カテゴリでのマッチをしていて、スーパーのカテゴリに入っていればどこでもかまわない。特定の場所じゃなくてあるカテゴリに反応するアイデア。手紙を出そうとしていつまでも持ってることがなくなる。位置情報で行動を変えることができれば。

もう一つ紹介するのが僕の来た道。ライフログアプリ。位置情報をずっと取り続ける。人の活動を振り返ることを前提にしている。知りたいのは自分が京都にいったけどいつだっけ?というのを教えてくれる。名古屋にいました、六本木にいました、を文字列にして知ることができる。反自動的な日記として機能してくれる。

位置だけじゃなく、位置がついたツイートも全部タイムラインで残してくれる。こういったアプリは電池の持ちが悪くなるので、基地局が変わったタイミングでログを取って回避している。あとデータの保存もスパイアプリ問題があったので、ローカルにしか溜めないようにしている。

ジオメディアサミットが7月27日、名古屋であるのでみんなきてね!

CineMatch

CineMatchは友人や気になる人から影響を受けるための、いわば「顔の見える映画レビュー&ランキングサービス」。

ウェブ制作会社に10年、2年前に独立してサービスを開発した。co-baで開発している。CineMatchは映画のログを残せてレビューを見ることができる。友人のレビューを見ることに特化している。ウェブサービスのベータ版を提供中。iPhone版も夏に出す予定。

なぜ開発したか。

映画の問題。興行収入ランキングの10位以内は露出が多い。月間40本ほど公開されているのに触れられるのは一部。友人のレビューを見るサービスがなかった。映画の記録を残すという習慣がそもそもない。

ファミリー層に人気があればランキングの上位に上がってくる。自分達にピンとこないランキングになってしまっている。近くの人から映画の情報を仕入れた方がいい映画に出会える。

友達だからって好みが合うかどうかわからない。例えば自分はPerfumeが好きだけどそんなことあんまりいってない。同じようにあるカップルは映画は実はゴッドファーザーが好きかもしれない。こういう趣味のマッチを顕在化させることができる。ツイッターのようなタイムラインインターフェース、友人だけの映画ランキング、友人が最近みた映画の情報、気分に合わせて映画が探せる。

キャンプファイアで資金を集めているので支援お願いします!

EverConnect

 

Gmail、Twitter、Facebook、LinkedIn、Foursquareのメッセージと投稿を集約できるサービス。今回、ピッチが全て英語で、残念ながら私はリアルタイムでのキャッチアップは出来なかったので、こちらの記事をご覧頂きたい。篠原さんごめんなさい!

ちなみに近々に大きな発表があるそうだ。

グーパ

ITとアジアとスターアップで活動している。小学校からシリコンバレーにいって高校卒業まで北米にいた。最近はタイ人とスタートアップしている。日本とタイで開発会社を立上げている。

バンコク最大のコワーキングスペース、Launchpadを立上げる。240坪。オフィスを借りようとしたらなかった。創業者のタイ人の父親がビルを持っていたのでその一階をつかわせてもらえるようになった。スタートアップするためのスペース。

スターバックスとちゃんとしたオフィスの間を狙っている。バンコクの一番人気のコーヒーショップをいれている。施設は当たり前が当たり前じゃないのがバンコク。レクリエーションエリアがないのがバンコク。日本人が心地よく過ごせる場所を目指している。イベントとしてはピッチコンテストやStartupWeekendも開催を予定している。

タイのスタートアップを盛り上げていければ。料金は固定で15000円からとなっている。スラサック駅(日本でいえば神谷町みたいなとこ)から近く。11月末にオープン予定。

タイのオラクル社長などがアドバイザーに入っている。

Bappy!

【ライブログ中に原稿が飛ぶという事故が発生したため、Bappy!メンバーのプレゼン写真とサイトから頂いてきたサービスの説明に変えさせて頂きます】【原稿復元に成功しました】

Bappy!のチームは元リクルートで「神風特攻隊」という名称で活動していた営業部隊。現在も営業はこのスタイル(オリジナル帽子とTシャツ)でいっている。コンセプトはBirthday×HappyでBappy。初対面の方にはBappy!といっていただいているので、会場のみなさんもはい、一緒に(会場にBappy!を要求)

facebookでいいね、とかするけど後々にどこにいいねしたか忘れてしまう。Pinterestとかも奇麗だけど買ったことある人はそんなにいない。このあたりを議論してソーシャルメディアの導線がアクションにつながらないという問題点が浮かび上がってきた。

facebookで書き込みしても16%ぐらいにしか伝わらない。この構造を解決したい。Bappy!はユーザーの誕生日にブランドを組み合わせたデジタルギフトカードを送ることができるサービス。誕生日という特別なタイミング、C2Cに企業が関与できる世界を目指している。あくまでC2Cが中心で企業がそっと寄り添う形を重要と考えている。ウェブでも使えて、スマートフォンでも使えるようにしたい。ギフトカードとメッセージを送る。ウォールに投稿される。そこからソーシャルに流れる。

カワイイデザインになっているので20代、30代の女性がメインターゲットなのだがオッサンがやっていることが現在の悩み。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------