Kaifu Lee(李開復)氏のInnovation Works(創造工場)がLeTV(楽視)の子会社に投資、「Super TV(超級電視)」に関心を寄せる

by Charlie Custer Charlie Custer on 2012.11.28

【翻訳 by Conyac】 【原文】

記憶力のいい読者なら、この見出しを読んで「待てよ。前にも聞いたことがあるな。」と思ったかもしれない。その通り。

既にご報告した通り、Kaifu Lee(李開復)氏は数ヶ月前、Innovation Works(創造工場)のテレビ事業への関心を示し、LeTVに投資する予定であると発表した。現在、LeTV(楽視)のCEOであるJia Yueting(賈躍亭)氏が取引成立を公式発表し、その詳細を知ることができた。

Innovation Worksは、LeTVの子会社のひとつに投資している。LeTV Zhixin(楽視致新)というその会社は、LeTVのテレビ運営においてハードとソフトの両面を担っている。(LeTVの「super TV(超級電視)」の構築で、LeTVの動画ストリーミングサイト運営は含まない。)極秘合意であるため、Innovation Worksが会社の何%を所有しているのかは不明だ。しかしLeTV Zhixinの代表者によると、投資ファンドは既に準備済みで取引は完全に終了しているという。

LeTVはテレビのハードウェアとソフトウェア両面に長い間取り組んできたが、同社COOによれば、Appleがスマートフォンでやったことをスマートテレビ市場で実現しようとしているらしい。LeTV Super TVハードウェアはまだお披露目されていないため、デバイスの革命的なポテンシャルについてはまだわからない。しかしKaifu Lee氏の注目度と投資が、LeTV Zhixinが何か面白いものに取り組んでいることを表している。それが登場するまで少し待とう。

【viaTech in Asia】 @TechinAsia

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------