[Startup Asia Singapore 2013]東南アジア市場進出を視野に、Cinnamonがプライベート写真共有アプリをピッチ

by Rick Martin Rick Martin on 2013.4.5

【原文】

Startup Asia で、CEO平野未来(みく)氏が率いるスタートアップ Cinnamon が Seconds という新しい写真アプリについてピッチした。最近、私は平野氏に会う機会があり、彼女は近日リリースされるアプリについて、プレビューを見せてくれた。はじめに Android 用にリリースし、Android に元々備わっているネイティヴ・カメラアプリを Seconds で置き換えたいと言う。プライベートの写真共有機能で、まずは東南アジア市場から立ち上げる予定だ。

このアプリはシンプルで使いやすく、写真を撮影し、アップロードしたい先のアルバムを選択する。追加された写真は、そのアルバムのアクセス権を付与したメンバーにすぐに見えるようになり、そのメンバーも同様に写真をアップロードができる。

多くのアルバムを作ることができ、それぞれのアルバムには、家族、友人、大切な誰かなど、異なるアクセス権を付与することができる。写真は自動的にアップロードされるので、仮に電話を亡くしたり盗まれたりしても、写真を失う心配が無い。

miku-hirano-cinnamon-280x186
Cinnamon の CEO 平野未来(みく)氏

平野氏によれば、Cinnaon はまず最初に、恋愛写真の共有で知られるタイで、アプリをリリースする。プライベートな写真共有はアジア地域でポピュラーであることから、彼らは人口の多い東南アジアをターゲットにしている。日本、中国、韓国などのモバイル発展国は、利益を稼ぎ出す市場として考えているようだ。

Cinnamon は昨年10月にシンガポールで設立され、12月に CyberAgent Ventures やエンジェル投資家からシード資金を調達した。現在は社長の堀田創(はじめ)氏を含め、10人ほどのチームだ。

Seconds のマネタイズにあたっては、プレミアム機能や広告など、多くの方法を考えているようだ。プレミアム版を展開するならば、ストレージ、フィルター、デコレーション、Facebook 連動など、特別な機能が考えられるだろう。

明日は Startup Asia の2日目で、20のアジアスタートアップが戦う中で Cinnamon が健闘できるかどうかが楽しみだ。私が昨年のジャカルタの Startup Asia に参加した際には、純日本のスタートアップである MoSo がこのスタートアップ・イベントで優勝した。

seconds-app-620x239

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------