FrilとMONOCOーー新進気鋭Eコマース創業者のFablic堀井氏とFlutterScape柿山氏に話を聞く #bdash

by Rick Martin Rick Martin on 2013.4.24

IMG_8616本稿は、B Dash Camp 2013 in 福岡の取材の一部だ。

B Dash Camp 2013 in 福岡の2日目、最後のセッションは興味深いゲストを迎え、Eコマースについてのディスカッションが行われた。

  • Fablic 代表取締役 堀井翔太氏
  • フラッタースケープ 創業者兼CEO 柿山丈博氏
  • <モデレータ> ヤフー 新規事業本部長 兼 新規事業ユニットマネージャ 田中祐介氏

モバイルから生まれたコマース

Fril はモバイルに特化して開発された魅力的なサービスだ。堀井氏は、彼らが女性ユーザをターゲットとし、彼女達に不要になった洋服をフリーマーケットで売るのを、スマートフォンで実現するしくみなのだと説明した。あまりお金を多く持たず、洋服を売りたい20代の女性を主なターゲットにしている。

興味深いのは、そのような女性に限って不要な洋服を多く持っていることで、Fril は彼女達に「買い物客」になるだけでなく「ショップ」になる方法を与えているわけだ。スマートフォンを経由して写真を瞬時にアップロードすることができる。これはフィーチャーフォンの時代には、面倒だった作業だ。

彼は日本のC2C市場は依然小さいものの、市場を構成するユーザ層は、ヤフーオークションなどの他のオンラインサービスの場合、少し複雑かもしれないと話した。Fril はこのギャップを埋めている。また面白いことに、彼らのチームは全員男性だが、多くは女性である彼らのユーザを理解するのには問題はないようだ。

世界市場に向けたユニークなデザイン

柿山氏は若い起業家だが、既に多くのEコマースサービスをこれまでに立ち上げてきた。2010年に大学を卒業し、彼の周りには「何かグローバルなことをやるべき」と言ってくれる外国人の友人が多く居た。彼はグローバルな趣向を持つことや、海外市場にリーチできるものを作る考えを気に入った。

そうして、FlutterScape が生まれた。FlutterScape のことを知る読者も居るだろうが、約一年前、世界に向けて、デザイナーインテリア商品を売るB2Cサービス Monoco にシフトした。

このサービスは極めて力強い成長を見せており、約650人のデザイナーが参加していて、毎日6〜7人のペースで増加傾向にあるということだ。時折、時間限定のフラッシュ・セールをするなど、楽しい空間作りを目指している。

現在、Monoco には、ロンドン、バリ、ニューヨークにそれぞれ1人、世界全体で計7人の商品担当者が居る。違う地域で作られたものを手に入れることで、さまざまなデザイナーの商品に出会える機会を提供する、と柿山氏は語る。

Fril も Monomo も、魅力的なビジネスアイデアで、今後の動向が期待される。

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------