台湾発の印刷クラウドサービスYouPrint、2年以内に7つの海外市場へ進出を目指す

by TechOrange TechOrange on 2013.5.6

youprint_screenshot

現在はデジタル化の時代、どんなビジネスでもEコマースを開発すべきだろう。印刷業界はどうなるのだろうか。電子書籍、電子雑誌の普及によって、液晶スクリーンが紙に取って代わり、デジタル・パブリッシングの波が引き起こされる。印刷業は終焉に向かうと言う人は少なくない。

長年にわたって印刷を生業としてきた、YouPrint 創業者の林殿生(リン・ディエンシャン、英名Dixon)氏には二つの選択肢があった。廃れ行く印刷業を運命だと受け入れるか、インターネットの本質と可能性の理解を深め、昨日までの敵を味方にするかだ。

彼は海外の印刷業の事例を調べ始めた。そして、VistaPrint が成功していることを知り、胸を躍らせた。

VistaPrint は1995年にアメリカで設立され、以来、ビジネスモデルを変更し続け、2000年には名刺印刷サービスに特化。2005年にNASDAQに上場、2007年には年間売上2.5億ドルに達し、2011年には10億ドルを達成。世界の23カ国でサービスを提供している。

アメリカで苦しい状況にある市場で、VistaPrint が大きな成功したのを見て、林氏も迷うことなく、ビジネスモデルを変えることにした。まずは、VistaPrint と同じものを作った。これが台湾でうまく行けば、業務拡大し海外進出も難しいことではない。

2011年、同社は YouPrint という名前で再度創業した。林氏の目に間違いはなかったのだ。2年という短い期間に、台湾を拠点にオンライン印刷市場を立ち上げ、カナダ、アメリカ、香港、中国、マレーシア、日本に打って出る。

クラウドを使い、YouPrint では一人の社員が毎月50万台湾元を売り上げる

(訳注:50万台湾元は、約170万円に相当)

5年間で10億ドルの市場を創出した VistaPrint のビジネスを、林氏は端的にコピーしたのではない。印刷業務をオンライン注文化するにあたって、YouPrint はビジネスモデルに問題はなかったが、基本的なネットワーク技術が欠落していた。クラウド上での印刷市場を作る上で、技術は大変重要な部分であり、彼らは YouPrint が正常に運用できる状態になるまで、研究開発に4年間の歳月を費やした。

準備に要した4年間の彼らの目標は明確だった。すべての印刷受注プロセスを標準化し、慣れていない人も、資材、仕様、印刷する量をステップ・バイ・ステップで指示できるようにすることだった。

YouPrint のクラウド印刷サービスでは、プロのデザイナーが自分で作ったファイルをアップロードして請負印刷を委託できるほか、一般ユーザには組版ツール(フリーフォーム)を提供している。ユーザは入力した内容がオンラインで確認できるようになり、印刷所に担当者を送って校正する必要がなくなるので、移動の労力と時間が省けるわけだ。

YouPrint は、VistaPrint のコピーではないクラウドサービスを作ることを選んだ。林氏は自ら研究に時間を割き、B2C市場を最もよい形で経営するにはクラウドだとの結論に至った。昔ながらの印刷業にある「コストの連鎖」を抑え、少なくない人的要素を簡素化し、社員らの生産性を高めた。そうすることで、YouPrint では、社員一人あたり約50万台湾元の売上をさばいている。従来の電話注文の頃の数倍の金額だ。

YouPrint_3_-The-Team-of-YouPrint

インターネットで成功するのは若者だけか?

YouPrint は、最近世間を賑わせている、30歳周辺の起業家が興したスタートアップとは少し違う。林氏は、昔ながらの印刷会社と広告会社の仕事を5年間経験しているからだ。

2007年 VistaPrint がよい業績を出し始めてから、林氏は VistaPrint のビジネスモデルを研究し始めた。彼は、VistaPrint の成功にはマイクロビジネスの急速な隆盛が影響していて、インターネットはさらに多くのマイクロビジネスを創出しており、VistaPrint の最重要顧客はマイクロビジネスであることがわかった。

一方で、業界で世界最高の売上率を誇っているのは、Google、Apple、Microsoft、Facebook などのインターネット企業に集中しているのを見て、林氏は「皆がインターネットを使うようになった今、自分もインターネットにシフトしないと、いずれ淘汰される」と思うようになった。

2年以内に中国市場へ参入し、その後、英語圏市場を目指す

現在、YouPrint は繁体字版(訳注:主に、台湾・香港など、中国以外の中華圏で使われている漢字)を提供しているが、物流の問題さえ解決できれば、国際的な繁体字市場を作ることができるだろう。台湾で印刷し、世界へと届けるのだ。

中国市場はもちろん見逃すことができない。林氏は、簡体字(訳注:中国で使われる漢字)に対応し言語障壁を克服することで、2年以内に中国市場へ参入することは難しくないと語る。さらに、中国語の市場のみならず、将来、英語圏の市場に参入することも計画している。

4月中旬、林氏と彼のチームは、シンガポールで Google が主催したアジア太平洋会議(訳注:Helping Small Business Think Big)に参加してきた。彼の世界進出の目標は、机上の空論ではないのだ。

林氏がどのように世界進出を果たすのか、知りたくないだろうか。印刷業をインターネット化して、どのようにユーザを集めたのだろうか。50%以上のコンバージョン・レートを維持するにはどうしているのだろうか。林氏はどうやって、デジタルなビジネスモデルのスタートアップ・チームを作ることができたのだろうか。

5月2日(木)に開催される TechOrange Startup Mixer #8 では、林氏と彼のチームが、インターネットのこの〝黄金路〟で、YouPrint がどのようにユーザからの評価を得て、国際市場に進出しようとしているかを共有してくれる予定だ。見逃さないでいただきたい。

【原文】

【via TechOrange】 @TechOrange


著者紹介:鄒家彥(ゾウ・ジァヤン)

人々のため記事を書きたいと思っている。興味深い話、読んでほしい話、見逃せない話を執筆してきた。起きているときはリラックスし、寝ているときは 夢を見るのが好き。最近見た印象的な夢は、俳優・余文楽(Shawn Yue Man-Lok)が TechOrange(科技報橘)で仕事していたシーン。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------