サイバーエージェント・ベンチャーズ、ユーザ行動分析ツールを開発するpLuckyへ出資

by Junya Mori Junya Mori on 2013.5.30

pLucky日本のスタートアップpLuckyは、サイバーエージェント・ベンチャーズを割当先とする第三者割当増資を実施したことを本日発表した。

pLuckyは、ユーザ行動分析ツール「SLASH-7」の開発・運営を行っている。同ツールは、コストを下げつつ、誰でも高度な分析を行うことを可能にすることを目的としたサービス。

データを重視した経営体制への関心が高まっている一方で、その分析のための負担は大きく、分析に時間とコストを割いてしまうことでサービス開発の遅延や費用が発生する。SLASH-7はこうした課題を解決するためのサービスだ。

SLASH-7は、ビッグデータの分析テクノロジー「Google BigQuery」を基盤技術として活用し、「コホート分析」と呼ばれる分析手法を可能にする機能を備えている。コホート分析は、時系列的なデータの分析法で、データを動かしている変動因を分析するところに特徴がある。「どの流入経路でユーザを獲得すると最も継続率が高くなるか?」「課金を目的として実施したキャンペーンに参加したユーザが実際に課金ユーザに転換しているか?」といった問いに対して、流入経路別に継続率の経過観察を行ったり、キャンペーン前後で同一のユーザ群の課金傾向を計測することを可能にする。

サイバーエージェント・ベンチャーズは、pLuckyへの資金提供、サービス価値向上や販売支援、将来のグローバル展開も視野に入れた経営サポートを行なっていく。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------