ホーム画面きせかえコミュニティアプリ「CocoPPa(ココッパ)」が1000万ダウンロード突破、さらなる事業の拡大へ

by Junya Mori Junya Mori on 2013.6.24

cocoppa

スマートフォンのホーム画面きせかえコミュニティアプリ「CocoPPa(ココッパ)」を提供するユナイテッド株式会社は、リリースから約11ヶ月で、iOS版、Android版合わせて全世界で累計1,000万ダウンロード数を超えたと発表した。

CocoPPaは、ユーザーが投稿したアイコンや壁紙を使って、スマートフォンのホーム画面を自由にカスタマイズできるアプリ。同アプリは全世界150ヶ国以上で利用され、1,000万のダウンロードのうち海外でのダウンロードが87%と、非常に高い比率となっている。アイコンや背景画像などのコンテンツをダウンロードできるだけではなく、CocoPPaではユーザ同士のメッセージのやり取りが可能で、Google翻訳の機能などと連動して、国境を超えたコミュニケーションが盛んに行われているという。

CocoPPaは、2012年7月にiOS版がローンチしたが、2012年の間はユーザ数の伸びは鈍かった。2013年の2月に入り、急激にダウンロード数が増加。3ヶ月ほどでその数は約10倍となり、5月の段階で800万ダウンロードを超えていた。それ以後、5月にAndroid版をリリース。先週には1,250万人以上に「いいね!」をされているFacebookページを運営し、日本のアニメ、漫画、ゲーム、コスプレといったカルチャーを海外に向けて発信するTokyo Otaku Modeとのコラボを開始するなど、その勢いは凄まじい。

CocoPPaを運営するユナイテッドは、さらにCocoPPaのサービスに注力するため、人材の中途採用を強化。CocoPPaを世界のデファクトスタンダードとするべく、事業展開のスピードを向上を図る。

以前、CocoPPaについてユナイテッドに話を伺ったときには、「年内に3000万ダウンロードを目標にしている」と語っていた。6月の段階で1000万ダウンロードを達成した同アプリが、残り6ヶ月でどこまで成長できるのか、楽しみだ。CocoPPaのサービス概要は以下の映像からどうぞ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------