海外の大きな発信力持つサービスのコラボ、CocoPPa(ココッパ)でTokyo Otaku Modeのクリエイター作品がアイコンや背景画像として使用可能に

Junya Mori by Junya Mori on 2013.6.21

CocoPPa-TOM

これまでSd Japanではホーム画面きせかえコミュニティサービス「CocoPPa(ココッパ)」や、日本のアニメや漫画、コスプレなど日本のサブカルチャーを発信、促進させるスタートアップ「Tokyo Otaku Mode」のことは何度も紹介してきた。海外で大きな人気を呼んでいる両サービスが、今回提携することを発表した。

特集ページ

ユナイテッドが運営するスマートフォンの壁紙やアイコンのきせかえができるアプリ「CocoPPa」と、Tokyo Otaku Modeの運営する「Tokyo Otaku Mode β (otakumode.com)」がコラボしする。

Tokyo Otaku Mode βのギャラリーページにて公開されているイラスト作品から厳選し、アイコンと壁紙が「Tokyo Otaku ModeTM特集」として無料で提供開始される。

今回のコラボレーションはCocoPPaにとって、初の公式コラボレーション特集の提供となる。CocoPPa上に、右の画像のような特集ページが登場し、ユーザはそこから背景画像やアイコンを手に入れることが可能となる。

アイコンと壁紙に使用されるイラストは、Tokyo Otaku Modeに参加するクリエイターのオリジナル作品。CocoPPaでの使用にあたり、クリエイター本人の許諾も得ている。

CocoPPaとTokyo Otaku Modeは、日本発の文化やクリエイターの作品が、グローバルかつ、若者中心に支持されているという共通点を持つ。

Tokyo Otaku Modeに作品を投稿するクリエイターにとって、自身の作品が活きる場が増えることになり、CocoPPaにとっては優秀なクリエイターによる、優れた素材が手に入ることになる。

世界で800万ダウンロードを超えるCocoPPaと、1,250万人以上に「いいね!」をされているFacebookページを運営するTokyo Otaku Modeの発信力、影響力は大きい。今回のコラボレーションにより両社は、お互いのユーザへの告知などを通じて、両サービスの認知度アップとさらなるユーザー層の拡大を目指す。

Tokyo Otaku Modeがリリースしたばかりのスマートフォンアプリ「Tokyo Otaku Mode mini」についても紹介している。こちらもチェックしてみてほしい。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。編集者、著述家。フリーエージェントとして複数のメディアやプロジェクトに関わっている。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

人気ニュース