家計簿サービスのZaimがクックパッドの特売情報と連携、アプリからスーパーの安売り情報が閲覧可能に

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.7.10

zaimZaim は家計簿アプリを開発するスタートアップだ。2011年のリリース後、昨年末に料理レシピサイトのクックパッドと提携、4,200万円を調達している。今年4月には、iOS アプリでカメラ撮影したレシートの自動読取機能を追加、より簡単に日常の買い物を記録できるようになった。

そして今日、Zaim はクックパッドとの提携後、同社と初めてとなる連携サービスを発表した。Zaim が連携を開始したのは、クックパッドが提供する近所のスーパーの特売情報とレシピ検索を可能にするサービス「特売情報」で、ユーザは家計簿アプリ上でお買い得商品を探すことが可能になる。「特売情報」は、クックパッドが今年2月に開始し、現在ユーザ数は50万人。スーパーの店員が売り場の商品をスマートフォンで撮影、消費者に訴求したい商品をクックパッド上に直接投稿できるので、新聞のチラシよりもタイムリーな情報拡散が可能だ。

cookpad_zaim

今回のサービス連携により、Zaim はビッグデータの集積や分析のみならず、実際の購買へのユーザ誘導という道を手に入れたことになり、マネタイゼーションの幅が広がったことを意味する。クックパッドの調査によれば、2012年7月現在、新聞を購読していない人がユーザ全体の37%を占めており、スーパー等の小売業界にとっては、消費者にアプローチする新たな手段が確立されることになる。

なお、この分野では、凸版印刷が展開するスーパーのチラシアプリ「Shufoo!」がNTTブロードバンドプラットフォームと提携しており、鉄道駅の WiFi サービスで周囲にあるスーパーの特売情報を提供している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------