【スタートアップ・トレンド地図】国内で過熱するC2C市場二つのトレンド「インスタントEC」と「フリマアプリ」

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2013.8.16

【スタートアップ・トレンド地図】シリーズは国内、アジアのスタートアップトレンドを一枚の地図にまとめ、主要なプレーヤーの状況を整理したものである。

第一回目のテーマは国内で盛り上がりを見せるフリマアプリと、素早くECを開始できるインスタントECをまとめてみた。関連記事と共にお送りさせて頂く(※注1、2)。

japan_c2c_market_flea_app_and_instant_ec.001.001

フリマアプリ関連

メルカリ:DATAと関連記事はこちら
Fril:DATAと関連記事はこちら
LISTOR:DATAと関連記事はこちら
Creatty:DATAと関連記事はこちら

インスタントEC(※注3)

STORES.jp:DATAと関連記事はこちら
BASE:DATAと関連記事はこちら

その他特化型のC2C

チケットストリート:DATAと関連情報はこちら
チケットキャンプ:DATAと関連記事はこちら

情報をお待ちしております!
SD編集部ではこのようなトレンド地図を今後も作成予定です。現在このテーマでアプリを作成している、これからスタートアップしようと考えているという方は、DATAへ情報を登録頂くか、コンタクトフォームからリリース、取材情報をお寄せください。おまちしております。


※注1:フリマアプリの定義はスマホ対応の固定価格C2C(個人間取引)だが、広義でオークションタイプなど類似のものも含めている。※注2:各個票に記載されている番号は次の通り/1:代表者名、2:創業日(サはサービス開始日)、3:本店所在国、4:調達額(資は資本金)※注3:本稿では従来のASP型ECサービスと区別するため、アカウント開設と同時に決済など開店に必要な機能一式が揃うECをインスタントECとした。

【訂正おわび】公開当初、チケットストリートの創業日が2012年、調達金額が1.5億円超と表記しておりましたが、2011年、0.75億円の誤りでした。訂正させていただきました。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------