Rising Expo 2013グランプリは、スマートフォン生中継アプリのTwitCasting(ツイキャス)が獲得

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.9.6

サイバーエージェント・ベンチャーズ代表・田島総一氏(右)から賞を受け取る、
モイ株式会社の赤松洋介氏

9月6日、サイバーエージェント・ベンチャーズは、東京・青山のインキュベーション・スペース Startup Base Camp で年次のショーケース・イベント Rising Expo 2013 を開催し、参加者による投票で決まるグランプリの座には、モイ株式会社のTwitCasting(ツイキャス)が輝いた。

ツイキャスは日本国内のみならず、「アラブの春」が起こったバーレーンのほか、コンフェデレーションズ・カップ周辺のデモ中継等を機に、ブラジルでも広く使われている。ユーザに女子高生が多いことも特徴だ。モイ代表取締役の赤松洋介氏は、ツイキャスを「ブラジルと女子高生」という2つの言葉でまとめ、会場の笑いを誘った。

それぞれのファイナリストには10分間のピッチ機会が与えられたが、他のスタートアップイベントに比べ、比較的ピッチの時間が長く設定されていたことも、ツイキャスには有利に働いたようだ。赤松氏は実際にツイキャスを使って女子高生とライブチャットし、赤松氏が「どうして、ツイキャスしているの?」と問いかけたのに対し、女子高生からの「面白いからじゃない」という回答がライブ映像を通じて映し出され、聴衆はこのユーザエクスペリエンスに感動を覚えたようだ。

グランプリを獲得したツイキャスには、サイバーエージェント・ベンチャーズから賞金200万円が贈呈される。

このほか、Rising Expo 2013 にファイナリストとしてピッチしたスタートアップについては、こちらの記事で確認できる。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------