社内SNSのTalknote(トークノート)利用社数が1万社を突破ー2億円の資金調達で「迷わずIPO」を目指す

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2013.10.21

社内SNS「Talknote」を運営するトークノートは10月21日、リード・キャピタル・マネージメントを引受先とする第三者割当増資を発表した。金額は約2億円で払込日などの詳細は非公開。またこれと同時に導入社数が1万社を突破したことも公表している。

2010年2月に公開されたTalknoteは2011年6月に企業向けコミュニケーションツールとしてリニューアル。2012年1月に1000社への導入を達成以来、順調に獲得社数を増やし2013年3月には5000社7月末に8500社を突破と直近数カ月の獲得社数にはさらに弾みがついていた。2012年3月にはサイバーエージェント・ベンチャーズに対して第三者割当増資を実施している。

Evernote

さて、気になるのは今後の事業戦略だ。成長するツール系サービスでイメージされるのはマイクロソフト傘下となったYammerや独自路線で拡大を目指すEvernoteなどがある。単独でIPOを目指すには、単なる法人課金だけでなく、独自のエコシステム構築など次の一手が求められる。

この点についてトークノート代表取締役の小池温男氏は「売却かIPOかでいえば迷わずIPO」と即答、今後のAPI公開などの展開を教えてくれた。

「Google Apps導入企業は世界500万社以上、勘定奉行の導入企業数は国内50万社以上、社内ソーシャルネットワークも今後同じような規模感になってくると考えています。多くのサービスが生き残るジャンルではないと思うのですが、支持されるサービスはその規模までは成長すると思っています」。

また現在、社員間に限定されているコミュニケーション範囲も、顧客や取引先などに拡大を予定しているという。

「社員同士のコミュニケーションは最初の一歩、という位置づけです。今後APIを公開し、他の企業向けサービスとどんどん連携させて、例えば売上管理システムと連携させて毎日売上データの必要な部分だけがTalknote上で共有される、そんなことができるようにします」。

トークノートは今後、3年内に10万社の「Taklnote」利用社獲得を目指すとしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------