Microsoft Venturesが本格始動、台湾スタートアップの雄「Accupass(活動通)」が北京のアクセラレータに移転へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2013.12.26

microsoftventures-beijing

Microsoft がスタートアップ担当部門を設立し、支援を開始したことについては、10月に大阪で開催された B Dash Camp 2013 で、日本マイクロソフトの砂金信一郎氏が披露した話に詳しい。数ある Microsoft Ventures の活動拠点の中でも、バンガロール(インド)、北京(中国)、パリ(フランス)、シアトル(アメリカ)については、既に外部メンターによるメンタリングを含むアクセラレータが稼働しており、今後数ヶ月のうちには、テルアビブ(イスラエル)、モスクワ(ロシア)、リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)にもアクセラレータが開設される見込みだ。Microsoft Ventures のブログを見てみると、今月に入って、世界各地の拠点で、ちょうど第一バッチの卒業生が顔を見せ始めているようだ。

ところで、イベント・チケッティングと言えば、海外では EventBriteAmiando、アジアでは Peatix、日本では DoorKeeperTixeeEventRegist など、複数のプラットフォームが存在する。EventBrite のマーケットシェアは大きいものの、圧倒的なドミナントはまだ存在しない。その理由について、日本の内外でこの種のプラットフォームを営む複数の起業家に意見を求めたところ、「プラットフォームがイベントと連携を深めて行く課程で、オンラインだけではブランドが浸透しにくいからではないか」との答えをよく耳にした。つまり、O2O のサービスである以上、イベント・オーガナイザーらとの Face-to-Face のエンゲージメントが必須、という見解だ。

benjaminlo-johnsie
左から:Accupass 共同創業者 羅子文(Benjamin Lo)氏と謝耀輝(John Sie)氏

そのような背景や言語対応の理由から、中華圏では Accupass(活動通)がよく使われている。これまで同社は台湾・台北と中国・深圳を拠点に活動していたが、Microsoft Ventures の北京のアクセラレータへの入所が認められ、これを機に全チームを北京に移転させると発表した。選抜過程においては、中華圏から総数450チームのスタートアップから応募があったとされ、その中の数少ないスタートアップの一つとしてアクセラレータ入所が許された。スタートアップ各社はコミュニティ・エンゲージメントの観点からも、ミートアップやイベントを頻繁に開催するニーズがあるだろうから、Accupass がスタートアップが多く集まるアクセラレータに身を置くことは、サービス利用の拡大にもつなげやすいだろう。(北京のスタートアップ・シーンの最新動向については、この近著を参照されたい。)

Accupass の CEO を務める羅子文氏は、時期は明言しなかったものの「いずれ日本市場にも進出したい」と語った。この分野はレッド・オーシャンではあるが、例えば、先頃、Peatix が発表した ColorSync に代表されるようなテクノロジーを創り出せれば、国境を越えて、コンペティターから一歩抜きん出ることも可能だ。Accupass が北京のスタートアップ・シーンでイノベイティブなしくみを創り出し、日本市場にやって来る日を楽しみにしたい。

Accupass は2012年、ベンチャーキャピタル DCMQualcomm Ventures から200万ドルの出資を受けている。

accupass_screenshot

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------