米MakerBotが3Dプリンタ「Replicator」の新製品3機種を発表、出力の様子をスマホでモニター可能に

by Junya Mori Junya Mori on 2014.1.16


HeaderV3

米3DプリンタメーカーのMakerBotは、ラスベガスで開催されていたCES 2014で、同社が提供する3Dプリンタとしては5世代目となる「Replicator」の新製品3機種を発表した

新機種は出力サイズの大きい順に「Replicator Z18 3D Printer」、「MakerBot Replicator Desktop 3D Printer」、「Replicator Mini Compact 3D Printer」の3機種となっている。どの機種も出力の様子をモニターできるカメラも搭載している。今後MakerBotが提供予定のスマホアプリでも出力の様子をモニターできるようになるという。

最も出力サイズの大きい「Replicator Z18 3D Printer」は、2014年春に受注を開始する予定で、価格は6499米ドルを予定している。次に大きい「MakerBot Replicator Desktop 3D Printer」は、すでに販売を開始しており価格は2899米ドル。一番小さい出力の「Replicator Mini Compact 3D Printer」は、個人向けに使いやすく設計された小型3Dプリンタ。2014年春に発売予定で、価格は1375米ドルとなっている。

以下はMakerBot CEO Bre Pettis氏による5世代機の紹介。


ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------