ツイートを翻訳してくれるタイの翻訳サービス「Fliplingo」

Tech in Asia by Tech in Asia on 2014.2.26

Fliplingo-Twitter-Translation-720x347

現在、Twitterでは61の言語が使用されている。驚くべきことに、ツイート数上位10ヶ国のうち3ヶ国がタイ、日本、インドネシアといったアジアの国である。英語が今でもTwitterにおける主要言語であるが、韓国語、マレー語、日本語のような他の言語も存在感がある。そこで、Twitterで言語がいかに重要であるか気づいたタイ拠点のスタートアップがFliplingoというサービスをローンチした。

現在タイのチェンマイに住むフランス人のMatthieu Aussaguel氏によって設立されたFliplingoはTwitter翻訳サービスである。FliplingoはLinqappやGengoのように実際の人間が翻訳するが、Fliplingo独自のチームで翻訳するためLinqappやGengoのようなクラウドソーシングモデルは採用していない。

Fliplingoは3種類のサービスを提供している。

  • 自動化:クライアントがTwitterアカウントをFliplingoプラットフォームに連携させることで、同スタートアップがクライアントに代わってツイートを翻訳し、公開する。
  • 投稿:Fliplingoはクライアントによって投稿された特定のツイートを翻訳する。
  • 関わり:[email protected][email protected]代わって翻訳されたリプライを作成する。

Aussaguel氏は以前、クラウドソーシングのマーケットプレイスEnvatoで働いていた。2013年6月に彼はFliplingoのプロトタイプの開発に取り組み始め、見込み客から好意的な反応を得た。

しかし、このシステムは極めて複雑であるため、ローンチ前に試験することができなかった。翻訳が正確で一流のレベルを保つために同サービスは現在、限られたブランドとユーザ向けのみの招待制で運営されている。もちろん、このサービスはリソースを大量に必要とするため、規模拡大は容易ではない。ローンチ初日にFliplingoには400件以上の招待リクエストがあった。

Aussaguel氏によると、同社の長期目標は、FacebookやDropboxなど他のプラットフォームやツールにも対応させることである。

【原文】

Tech in Asia

Tech in Asia

Tech In Asiaは、アジアに焦点を当てたテックやスタートアップのニュースを提供するため、2011年に設立。 インターネット・コミュニティ、とりわけ、アジアの発展に貢献すると考えている。月間140万ページビューを誇り、最も速く成長を遂げるウェブサイトの一つである。 読者は、主に起業家、マーケッター、企業の重役、学生など。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース