女性起業家として史上最年少上場を目指す、物づくりブランド「Aya Ohzeki」の大関綾さん【前編】

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2014.3.26

model_sepaladyブランド「Aya Ohzeki」が開発する女性向けネックウェア

史上最年少上場を目指して奮闘する女性がいる。2014年時点の東証マザーズ上場の女性の最年少は、トレンダーズの経沢香保子さんが記録した39歳。あと18年の猶予が残されているにもかかわらず、「一刻も早く上場したいんです」と話すのは、17歳でノーブル・エイペックスを立ち上げた代表取締役社長の大関綾さん。

海外展開を視野に入れて、自身の名前「Aya Ohzeki」と名付けた自社ブランドでは、主にメンズのネックウェアを展開してきた。最近新たにレディースのラインが加わり、国内の伝統技術を取り入れた商品で海外展開にも本腰を入れていく予定だ。

待ち合わせをしたのは、彼女のオフィス近くのカフェ。土日もほぼ仕事をしていると言う綾さんはココアを頼み、甘党の一面を覗かせた。21歳という年齢、本来なら花の大学生活を満喫する年頃。思わず、「もっと友達と遊びたいとか、ストレスに押しつぶされそうになったりしない?」と聞いてみた。これに即答した彼女にはきっと愚問だったのだと思う。

「わたし、すごく冷静でマイペースなんです。アポが上手く決まらなかったり、嫌なことを言われたりしてすごく落ち込むこともあります。でも引きずっている暇はなくて、無理矢理切り替えているうちに慣れました。どうしてもって時は、友達に会ったりお風呂に入って寝ます(笑)」

経営を身近に感じることができた幼少時代

aya-Ozeki綾さんの起業家への道のりは、知り合いの経営者を見て育った小学校の頃に既に始まっていた。会社に雇われるのではなく、自分の裁量で責任を追って仕事をする姿に憧れた。可愛がってくれる「ご近所のおじさん」的存在がたまたま経営者だったことで、経営が手の届くものに感じられたのかもしれない。また、両親の離婚をきっかけに母が苦労する姿を見て自、何とかしてあげたいという気持ちも彼女の独立精神を後押しした。

起業家になりたいという漠然とした夢が具体的に走り出したのは、中3で出場したビジネスコンテスト。そのビジコンの舞台で、綾さんは「これから3年以内に起業します」と宣言したのだと言う。3年以内の起業を有言実行するために、学業と並行して起業が許される高校へ転職した。未だに一番仲が良いという高校時代の友人たちは、今年2014年の春に社会人生活の第一歩を踏み出す。「これまで友達とは全く仕事の話はしてきませんでしたが、これからはするのかもしれませんね」と微笑む。

今年で5期目に入ったノーブル・エイペックス。学生時代、起業前の試作品作りに3年間を費やし、立ち上げた後はビジネス上のネットワーキング、ECサイトの立ち上げ、販路の開拓など、アパレル事業を軌道に乗せるために四苦八苦してきた。

「やっと基盤が整って、今年から売ることに本腰を入れられるかなという状態です。最初の商品開発だけでも大きな資金を費やしていますし、絶対に形にしてやるという決意でやってきました。若い人の挑戦を応援しようと、これまで本当に沢山の方にお世話になっています。そういった方々に恩返しするためにも、成功する以外に道はないんです」

男性のネックウェアに変わるレディース商品の不在に着目

アパレル商品の販売はネットショップが中心だが、日本国内の百貨店には催事などスポット販売の形でどこも一度は入ったことがある。また、今年に入ってから楽天にもショップを開設。昨年からはレディース向け商品も展開し、早速スーツ量販店の「アオキ」が取扱いを開始している。これを皮切りに百貨店などにも販路が広がり、少し前には女優の桐谷美玲が商品を身につけてTV出演するなどして注目を集めた。レディース市場への進出について、綾さんはこう話す。

「業界が保守的なメンズの衣料全般は縮小傾向にあります。アベノミクスといってもまだまだ不況で家計は苦しく、そこでまず削られてしまうのが旦那さんの衣料品です。そんな市場の現状を踏まえて、将来性のあるレディースを昨年から始めました。今後は、レディースに力を入れていく予定です。」

元気がない男性のアパレル市場と反対に、前年比120%程で伸びているのがレディースのスーツ市場。そんな伸びしろがある市場で綾さんが着目したのは、女性向けネックウェアの不在だった。特にリクルートスーツを着る女子就活生には男性のネクタイに代わるものがなく、ファッションで差別化のしようがない。

「男性と同じようにスーツを着るのに、女性には男の人のネクタイに変わるものがないんです。一番の理由は、既存の業界に新しい商品を作る会社がないこと。一見新しい業界に見えて、アパレル業界の変化は数年単位で色柄が変わる程度です。他にない取り組みを買って、アオキさんも取り入れてくださったんだと思います」

女子就活生には、通常シルク素材で8,000円〜のネックウェア商品を、ポリエステルで作った2900円の価格帯で販売する。2014年3月からは、上場企業と組んで就活イベントで無料プレゼントするアグレッシブなプロモーションを開始する予定だ。

「時間はかかるかもしれませんが、必ず女性のネックウェア文化を広めてみせます。マクドナルドの発想と一緒で、子どもの時から食べてもらうことで味に慣れてもらう。今はまだこういうジャンルがないので、就職活動をする若い頃からつけてもらって習慣化させて、顧客を育てていきたいです。」

後編につづく。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------