月間流通額が数億円規模になったフリマアプリの「メルカリ」、GB他から14.5億円を調達し米国展開を本格化へ

Takeshi Hirano by Takeshi Hirano on 2014.3.31

フリマアプリ「メルカリ」

フリマアプリを提供するメルカリは3月31日、グローバル・ブレインとグロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、GMOベンチャーパートナーズ他を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。調達金額は総額で14億5000万円、払込日や出資比率などの詳細は公開されていない。

また、これに伴い経営参加を表明していた小泉文明氏が常勤の取締役に就任、グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏が社外取締役に就任する。

メルカリの公開は2013年7月。昨年12月には累計出品数は100万点を超え、1日1万点が出品されているという状況だったが、この出品数が1日「数万点」に拡大、流通総額も月間数億円に上ると発表された。なお、現在までのアプリダウンロード総数は150万になっている。

さらにメルカリは今回の調達で米国展開を本格化させる。米国に子会社を設立、元Rock You, Inc.創業者でメルカリ取締役の石塚亮氏が米国に赴任するとした。

Photo-2013-12-13-10-47-56

写真左:取締役に就任した小泉文明氏

ユーザーは地方在住の女性、ファッションが7割近く

メルカリのユーザー像はどのようなものだろうか。

「レディースやキッズのファッションがやはり多いですね。イメージ的には7割ぐらいです。地方在住で家庭を持っている女性の方。リサイクルで上手にお小遣いを手にし、さらにまたメルカリの中で新しいものを購入しているという印象です」(山田氏)。

さらに家電などの高額商品も増えてきており、最終的には総合的なフリーマーケットに成長させたいとのことだった。

また、気になるのがマーケット規模だ。「フリマアプリ」はどこまで伸びるのだろうか。

国内最大手のヤフオク!は月間でおおよそ500億円程度(直近の四半期は無料化などの効果もあり月間で700億円程度に拡大していた)の流通額になっている。スマートフォンなどの割合は詳細割合が公開されていないので大体のイメージになるが、山田氏もおおよそ楽天やZOZO TOWNなどの傾向からみても「4割ぐらいじゃないかな」と語っていたのが現実的な数字ではないかと思う。

jp0129present-all_pdf

※ヤフー2013年度第3四半期プレゼンテーション資料より

であれば、月間で200億円程度が国内モバイルにおける個人間取引の最大手の流通額と想像できる。メルカリが今回発表した流通額が月間数億円なので、まだまだ差は大きいが、ある意味これをたった数カ月で達成したことを考えると、この先の逆転は十分に考えられるのではないだろうか。

また、山田氏もこういったヤフオク!ユーザーからの刈り取りというよりは、完全にスマートフォンからネットに繋がった「新規」の獲得を狙いたいと話していたので、全体のパイ自体が大きく拡大することも予想される。

更なる拡大にはマス・マーケットへのアプローチが必要だが、今回の調達でCMなどの検討も引き続きするとしつつ、山田氏はサービスの質やサポート体制の強化を推進し「最終的に一番使いやすくて買いやすい、というポイントを愚直にやり続けたい」とあまり派手な展開にはしないつもりの様子だった。

なお、現在メルカリは40名ほどのメンバーが在籍しており、その内の半分がサポートに当たっているという。

本格的な米国展開を並行させる

山田氏がもっとも力を入れて話をしていたのがこの米国展開だ。先にも検証した通り、国内だけではパイは月間数百億が数字として見えている。これをさらに倍、10倍と拡大させるためには当然、面を広げる必要がある。

「USの支社を4月に立上げます。石塚さんをヘッドに、既にサンフランシスコではハイアリングを開始してます」(山田氏)。

渡米する山田氏たち経営陣の姿は度々facebookなどで見かけられており、この準備は恐らくメルカリが立上がったかなり初期の頃から実施されていたと思われる。まだ展開方法などは完全にこれからという状況ではあるものの、Rock Youでの米国事業に詳しい石塚氏が既に人脈を活用してエンジニアなどの獲得に成功しているという話だった。

山田氏の話では、日本でのノウハウは当然活用するものの、米国ではゼロベースでサービスを立上げるのだそうだ。この辺りの動きは続報が出てきたら追ってお伝えしたいと思う。

“summercamp"/

Takeshi Hirano

Takeshi Hirano

ブロガー。TechCrunch Japan、CNET JAPANなどでテクノロジー系スタートアップの取材を続け、2010年にスタートアップ・デイティング(現THE BRIDGE)を共同創業。1977年生。(株)THE BRIDGE代表取締役

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース