〈東京スタートアップ・オフィスツアー〉名刺管理のSansanが新オフィスに移転、「どこでもスキャン計画」でユーザの利便性を向上

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.3.17

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

本稿は、「東京スタートアップ・オフィスツアー」シリーズの一部だ。

多くの読者は、我々がこれまでに Sansan のことについて、何度も取り上げたのを覚えているだろう。2007年のローンチ以降、同社は企業向けに Sansan(旧称:Link Knowledge)、個人向けに Eight など、名刺による連絡先管理ソリューションを提供してきた。

最近、筆者は自分のモバイルにインストールされた Eight のアプリから、Sansan で働く社員の人たちのプロフィールが変更になったと、複数の告知を受け取った。Sansan のオフィスが移転したからだ。新オフィスは、多くのファッション・ブランドが拠点を構える、東京の渋谷と表参道の中間にある。社員のみならず、ローカル・コミュニティの人々も利用可能な居心地のよいスペースを備えており、街が一望でき、面白い樹木や植物が置かれている。

同社がオフィスを移転した最大の理由の一つは、チームの人員が急激に増えたことだ。Sansan のソリューションを使うクライアントの数は、昨年6月の1,000社から12月には1,500社にまで増えた。個人向けのフリーミアム・サービスである Eight は、これまでに60万人のユーザを集めている。同社はメールの一斉配信や、他のアプリで使うためにプロフィールをエクスポートできる、プレミアム機能を追加できるだろう。

Eight のユーザが新しいコンタクトの名刺をスキャンしやすいように、Sansan はビジネスソリューションの提供会社と共同で、新サービス「どこでもスキャン計画」を開始すると発表した。東京にあるコワーキング・スペース10カ所と協業し、起業家や中小企業経営者が設置されたスキャナを使って、Eight にコンタクトのプロフィールを登録できるというものだ。印刷店舗などでも似たようなサービスを展開する予定だ。

Sansan は北米市場でのプロモーションを強化しており、日本以外の地域でもこのソリューションが受け入れられるかどうか、興味深く見守りたい。

sansan-office-visit-1
Eight のチーム
sansan-office-visit-2
受付では、デジタルボードを使って、アポ先の社員を呼び出せる。
sansan-office-visit-4
ふかふかのソファで、社員は疲れたときリラックスできる。
sansan-office-visit-5
売上達成時など、社内に重要な通達事項がある場合には、このドラが鳴らされる。
sansan-office-visit-6
Sansan と Eight 用のスキャナ。
Eight のマーケティング担当ディレクターを務める、千住洋氏。
Eight のマーケティング担当ディレクターを務める、千住洋氏。
sansan-office-visit-3
同社のオフィス移転を祝って、有名起業家や投資家からたくさんの花が届いていた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------