クラウド会計のfreeeが8億円の資金調達、DCMなど2社から

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2014.4.23

会計ソフト「freee_フリー_」|全自動のクラウド会計ソフト

クラウド会計のfreeeは4月23日、DCMなど2社から資金調達を実施したと日経が報じている。調達金額は総額約8億円で、詳細は不明。freeeは2013年3月19日にシードラウンドで5000万円をDCMから、またそれに続いて2013年7月24日にシリーズAラウンドでDCM、インフィニティ・ベンチャーパートナーズから総額2億7000万円を調達している。freeeはこれで2012年7月の創業以来約1年半で総額11億2000万円を調達したことになる。

クラウド会計ではライバルとなるマネー・フォワードがジャフコから2013年10月に総額5億円の資金調達を実施しており、投資家の熱視線が伺える状況になっている。

追記:正式なリリースによると、今回第三者割当増資を引き受けたのはDCMとインフィニティ・ベンチャーズLLPの2社とのことだった。補足として追記しておく。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------