クラウド会計のfreeeが8億円の資金調達、DCMなど2社から

Takeshi Hirano by Takeshi Hirano on 2014.4.23

会計ソフト「freee_フリー_」|全自動のクラウド会計ソフト

クラウド会計のfreeeは4月23日、DCMなど2社から資金調達を実施したと日経が報じている。調達金額は総額約8億円で、詳細は不明。freeeは2013年3月19日にシードラウンドで5000万円をDCMから、またそれに続いて2013年7月24日にシリーズAラウンドでDCM、インフィニティ・ベンチャーパートナーズから総額2億7000万円を調達している。freeeはこれで2012年7月の創業以来約1年半で総額11億2000万円を調達したことになる。

クラウド会計ではライバルとなるマネー・フォワードがジャフコから2013年10月に総額5億円の資金調達を実施しており、投資家の熱視線が伺える状況になっている。

追記:正式なリリースによると、今回第三者割当増資を引き受けたのはDCMとインフィニティ・ベンチャーズLLPの2社とのことだった。補足として追記しておく。

startup-member_a

Takeshi Hirano

Takeshi Hirano

ブロガー。TechCrunch Japan、CNET JAPANなどでテクノロジー系スタートアップの取材を続け、2010年にスタートアップ・デイティング(現THE BRIDGE)を共同創業。1977年生。(株)THE BRIDGE代表取締役

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース