OnLabが第8期プログラムのデモデイを開催—テスト自動化のShouldBee、企業向けSaaS環境のJidotekiが入賞 #on_lab

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.4.24

onlab-demoday-grouppic

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京のスタートアップ・インキュベータ Open Network Lab(略して、OnLab)は今週デモデイを開催し、インキュベーション・プログラムの第8期卒業のスタートアップ5社を披露した。

今回紹介された5社のうち、この半年間の功績が優秀と評価されたチーム2社には、Best Team Award と特別賞が贈られた。その2社と、卒業した他のスタートアップを一見してみることにしよう。

ShouldBee【Best Team Award】

shouldbee-pitch

典型的なソフトウェア開発では、その約50%をテストに要すると言われている。ShouldBee が提供するのは、開発中のウェブシステムのテストプロセスを自動化するソリューションだ。

このソリューションを使えば、開発者はウェブアプリのフォームの入力と送信プロセスを自動化でき、人間がやるよりも12倍速く、必要コストを従来の人間によるものの60分の1まで減らすことができる。

同社は数ヶ月前のローンチ以降、目立ったプロモーション活動は行っていないが、既に105社のユーザを獲得している。

shouldbee-pic
左から:ShouldBee の野澤秀仁氏、森怜峰氏、デジタルガレージCEO林郁氏

Jidoteki【特別賞】

jidoteki-screenshot

DropBox や Evernote など、多くの便利な SaaS ツールが存在する一方、多くの企業は、内規やセキュリティを理由として、このようなツールを使うことを拒んでいる。Jidoteki は SaaS ベンダーが自社アプリをインストールした、仮想アプライアンスを作成できるようにする。ファイヤウォールの内側にアプライアンスを設置できるようにすることで、エンタープライズ・ユーザがそのような SaaS ツールを採用しやすくする。

jidoteki-pic
Jidoteki のチーム

オレンジマガジン

orangemagazine-pitch

オレンジマガジンは、中高年の女性をターゲットにしたモバイルコンテンツ・プラットフォームだ。多くのモバイルサービスが若い世代向けなのと対照的に、このチームは中高年女性が映画、健康、旅行など多くの情報を集めるのが難しいことがわかった。

この問題に対して、同社は、中高年に操作しやすく、文字が読みやすいモバイルアプリを開発した。よいユーザ体験と、中高年ユーザの好みにあったコンテンツを提供するため、この世代の女性達にニュース記事のキュレートを依頼している。

マネタイゼーション戦略として、同社は既存の書籍や雑誌出版社と提携し、アプリを通じて有料ユーザにコンテンツ配信することを検討している。

astero

astero_image

astero は、告知機能にフォーカスしたニュース配信アプリで、ユーザが欲しい情報を欲しいときに届けることを目指している。典型的なユーザは、知りたい情報を集めるため、多くの情報源を購読したり、多くのウェブサイトを訪問したりする。アポイントメント、天気情報、公共機関の交通情報、好きな出版物がいつ発売されるかなどだ。

ユーザが重要な情報を見落とさないようにするため、同社は次の3つのことにフォーカスしたアプリを開発した。

  1. キュレーション…おそらくは必要としない情報をオプトアウトする。
  2. レコメンデーション・エンジン…独自アルゴリズムを採用したエンジンを開発。
  3. 告知機能の管理…告知の頻度をユーザが調整できるほか、複数の告知分を一回の告知でダイジェストで受け取ることもできる。

サードパーティー・アプリとの提携や連携により、サービスをマネタイズしようとしている。

StudyPact

studypact-pitch

HackOsaka の最近の取材の中で、StudyPact についてお伝えしたのを覚えている読者もいるだろう。ユーザが学習目標を設定し、その達成にお金を賭けることができるようなサービスだ。例えば、週に2時間の英語学習の目標を設定し、5ドルを賭けたとしよう。目標が達成できれば5ドルを得られるが、達成できなければ5ドルを支払う。支払が発生した場合は、この目標を指示した他のユーザに分配され、残りは StudyPact にもたらされる。

より効果的な学習プラットフォームとするため、同社は DuolingoAnkiMemriseCourseraEdx などの他の教育プラットフォームやサービスと提携する計画だ。数週間前にアンドロイド版アプリをローンチし、これを使ったユーザのオンライン講座の達成率が85%に達したことがわかった。


Open Network Lab は現在、7月に開始される次期インキュベーション・プログラムの参加スタートアップの申込を募集中だ。申込の締切は、5月19日となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------