ゲーム攻略の動画共有ソリューションKamcordが、DeNAやKLabを含む複数社から710万ドルを調達

by Rick Martin Rick Martin on 2014.5.2

kamcord-620x431

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

サンフランシスコを拠点とする Kamcord は今朝、シリーズAラウンドで710万ドルを調達したと発表した。このラウンドでは、シリコンバレーを拠点とする TransLink Capital がリードインベスターを務め、同社のほか、DeNA、SV Angel、Innovation Works(創新工場)、KLab、M&Y Growth Partners、XG Ventures が出資に参加した。

Kamcord の SDK を使えば、ゲーム開発者はゲーム中に「録画ボタン」を配置することができ、これを押すことでユーザはプレイを録画し共有することができる。2月に THE BRIDGE でも取り上げたように、この SDK の日本語版を最初に導入した日本企業はバンダイナムコだった。現在では、DeNA やコロプラのゲームにも採用されている。

昨年12月、京都で Kamcord の共同創業者 Adi Rathnam にインタビューしたとき(下の動画を参照)、彼は、日本、韓国、中国を含むアジア市場の重要性を強調していた。我々は、LINE や WeChat(微信)など、アジアのメッセージ・アプリで Kamcord の動画が共有できるようになる可能性について言及していたが、実際にそのような機能が追加実装されることとなった。今回の資金調達発表に際し、Adi は次のようにコメントしている。

ゲームプレイ動画を共有したり、見たりするための世界的なプラットフォームを確立するため、アジアでのプレゼンスを強化することを優先することにした。今回のラウンドで得られた各社とのパートナーシップは、そういった意味で大きく役に立つだろう。

Kamcord の最近の進展については、ユーザが2秒に1本のペースで動画を共有するようになっており、これはアジアのゲームやゲーマーの活動に後押しされたものだ。同社は先頃、新しい Kamcord アプリをローンチしており(上のスクリーンショット)、一度に複数のゲームプレイ動画を閲覧できる。アプリストアから無料でダウンロード可能だ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------