クラウド名刺管理のSansanがDCMなどから14.6億円の資金調達を実施

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2014.5.19

Sansan_-_Share_the_Contact_your_team_has

クラウド名刺管理サービスのSansanは5月19日、DCM、日本経済新聞デジタルメディア、産業革新機構、環境エネルギー投資、GMO VenturePartnersを引受先とする第三者割当増資を発表する。調達金額は14億6000万円。日経が報じており、Sansanはこの大型調達を経て北米への展開を開始するという。

Sansanの創業は2007年6月。シード期にインキュベイトファンドからの支援を受け、その後、2009年の6月と2013年4月に資金調達を実施し、4回目となる今回の調達と合わせると総額20億円を超える資金調達を実施したことになる。

「和製LikedIn」と評価される側面も強い名刺管理のSansanはそのクライアント数を昨年6月の1,000社から12月には1,500社にまで拡大させており、2012年2月から開始しているスマートフォンアプリ「Eight」は60万人のユーザーを獲得している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------