目的地、予算など希望条件を送るだけ!旅行計画をクラウドソーシングできるサービス「tabikul」がリリース

Junya Mori by Junya Mori on 2014.5.8

tabikul

Grood社が新たなサービス「tabikul」をリリースした。今回彼らが開発したのは現在注目が高まりつつある「旅」のサービスだ。

「tabikul」は、ユーザがスマホやパソコンから「こんな旅行がしたい!」という旅行の希望条件を選び、見積もり依頼(無料)を行うと、旅行希望先の現地滞在者もしくはその土地への旅行経験者が、希望に合わせたプランを立ててくれるというもの。

旅行の予算感も「とにかく安く」「安めに旅行したい」「標準予算と同程度」「少しリッチに」「豪華」など、5段階から選ぶことができるようになっている。この予算感なども参考にしながら、移動手段や宿泊先などをプランニングしてくれる。

旅のプランナーからの提案は、見積もり依頼の送信から72時間以内に行われる。提案された複数のプランに対してユーザが修正依頼をすることもできる。修正のやりとりなど細かい部分に関しては、ユーザとプランナーがチャットのようにやりとりしながら行うことができる。

プラン概要

提案されたプランをユーザが気に入れば、申し込みを行う。チケットの手配などはGroodが行うため、ユーザの面倒が省かれることになる。

ユーザの代わりに旅のプランを考える現地滞在者、旅行経験者は、提案したプランがユーザに選ばれた場合、1件につき1万円が報酬としてGroodから支払われる。旅好きな人にとっては、旅のプランを考えることをお金稼ぎにつなげることが可能になる。

現地の情報はなかなか得ることができない、最適なルートやチケット手配が困難、ツアー旅行では面白みがない、といったニーズを解決するサービスだ。旅行の上級者と初心者の間、旅行中級者をターゲットにしているとも言えるかもしれない。

プランタイムテーブル

Groodは音声クラウドソーシング「Voip!」のサービス運営を通じて、個人でスキルを持つ人間の力の大きさ、クラウドソーシングの力を実感したという。Voip!で培ったノウハウを、今回の新サービスに活かす考えだ。

「tabikul」はリリース時点では対象をフランス・イギリス・イタリアのみとしている。今後は旅プランナーの獲得を進め、随時エリアの拡大を図る。



Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース