予約ページ自動化の「Coubic(クービック)」が、ヨガ・ピラティス教室ポータル「YOGA ROOM」と提携

Masaru IKEDA by Masaru IKEDA on 2014.6.4

yoga-studio-coubic

消費者から予約が必要になるビジネス向けに、予約ページの開設と予約管理をスムーズにしてくれるスタートアップ「Coubic(クービック)」について、4月にDCMとGREE Venturesから5,000万円を調達したことを取り上げた

共同創業者でCEOの倉岡寛氏が語っていたように、このサービスは一店舗あたりの料金が高く設定されるものではないため、ビジネスを大きくするには、横展開やアライアンスを活用して、多くの店舗や士業、フリーランサーからの利用を集める必要がある。その戦略の一つが本日発表された。

Coubic は今日、ヨガ・ピラティス教室の情報ポータル最大手「YOGA ROOM」との提携を明らかにした。これにより、全国に5,000店ある YOGA ROOM 掲載のヨガ・ピラティス教室に対して、Coubic の効率的な利用促進を図る。Coubic には予約管理に加え、来店履歴を含む顧客管理の機能が備わっているので、効率的な授業を運営したいヨガ講師や、数多くの生徒を集めたいヨガ教室にとって便利なツールである。

また、仕事帰りにヨガ教室に通う女性達も増えている。通勤途上の電車や仕事のスキマ時間等を活用して、電話をかけるのが難しい、あるいは、メールなどで確認をやりとりするのが面倒であっても、簡単に予約が完結できるのは消費者のニーズにも合致しやすいと言えるだろう。

Masaru IKEDA

Masaru IKEDA

1973年大阪生まれ。インターネット黎明期から、シンクタンクの依頼を受けて、シリコンバレーやアジアでIT企業の調査を開始。各種システム構築、ニッポン放送のラジオ・ネット連動番組の技術アドバイザー、VCのデューデリジェンスに従事。SI、コンサルティング会社などを設立。Startup Digest(東京版)キュレータ。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース