KDDIが日本のトップ企業13社と提携し、「∞Labo(ムゲンラボ)パートナー連合プログラム」が始動

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.7.15

kddi_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

今日(原文掲載日:7月12日)の日経の報道によると、KDDI は日本の大企業13社と協力し、スタートアップ・インキュベーションを立ち上げることとなった。この動きでは、各社が協業して KDDI の起業支援プログラム「∞Labo(ムゲンラボ)」の次期バッチに、5社の候補者を選抜することになる。

参加企業は、セブン&アイ・ホールディングス三井物産コクヨ大日本印刷バンダイナムコホールディングス東急電鉄三井不動産プラス近畿日本ツーリストソフトフロントパルコテレビ朝日凸版印刷の13社。参加企業はこのプログラムを通じて、スタートアップに資金だけでなく、営業マーケティングデータ(セブン&アイ)やプロダクト開発のデザインノウハウ(コクヨ)など、見えない形のリソースを提供する。

KDDI が既に持つオープン・イノベーション・ファンドとは別の動きであるため、同社はこのインキュベーションから生まれるスタートアップ向けに、新たにファンドを組成する計画である。

kddi-mugen-labo-partners

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------