ExCo、約3.3億円の資金調達の実施と、カードレスのオンラインペイメントサービス「Paidy」をローンチ

by Eguchi Shintaro Eguchi Shintaro on 2014.7.31

Paidy

エクスチェンジコーポレーション(ExCo)は7月30日、カードレスのオンラインペイメントサービス「Paidy」をローンチした。

ExCoは、これまでにさまざまなファイナンスサービスを提供している会社で、2009年からはソーシャルレンディングサービスのAQUSHをリリースしたことでも知られている。

Paidyは、オンラインショップで商品を購入する時に、クレジットカードの番号の入力やログイン、事前登録などの手続きなしで支払いができるオンライン決済サービスだ。消費者は氏名とメールアドレスのみで買い物ができ、支払いプランも一括払いから36回払いまで柔軟に選べることができるという。

支払いの仕組みは、Paidyが代金を店舗に支払い、のちにユーザに対して支払い請求を行うというもので、店舗にとって支払い不履行のリスクを軽減してくれるものだ。この方法によって購入プロセスがシンプルとなり、商品を購入するユーザも通常よりも簡単に商品を購入することができる。

すでに、海外の同様のサービスとして、スウェーデン発のKlarnaがある。Klarnaは、すでに北欧やドイツ、オーストリアなどヨーロッパにサービスを展開しているという。Klarnaは、購入プロセスを簡素化しスピードアップを図ったことで、店舗の顧客購入率が大幅に向上していると語っている。

また、ExCoはサービスのローンチと同時にArbor Ventures、サイバーエージェント・ベンチャーズなどから総額約3.3億円の資金調達を行ったとも発表した。同時に、求人も募集している。

海外では一部に広がりを見せている、カード情報いらずのオンラインペイメントサービス。まだまだ現金での取引が多い日本において、同サービスがオンラインペイメントに新しい動きを作るか、注目していきたい。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------