中学生・高校生向けにモバイル学習塾サービスを提供する葵が1.2億円を資金調達

by Junya Mori Junya Mori on 2014.8.5

home_top

<ピックアップ>株式会社葵 1.2億円の第三者割当増資を実施

中学生・高校生向け学習サービス「オンライン学習塾アオイゼミ」を運営する葵は、ジャフコが運営管理するファンドを引受先とする1.2億円の第三者割当増資を実施しました。同日、ジャフコは中高生向けIT教育のライフイズテックに出資したことも発表しています。

アオイゼミは、スマホに特化したライブストリーミング授業を毎日配信する学習サービス。中高生はスマートフォンを通じて、無料で毎日授業を受けることができます。

「勉強をいかに継続させるか」ということはEdTech系のどのスタートアップも考えていることですが、アオイゼミではライブ授業は3,000人以上の生徒が同時に一つの授業を受講しており、コメントやスタンプを通じて自由に発言できるようにすることで、講師への質問や解答、生徒同士での会話など、コミュニケーションを主軸に、楽しく夢中で勉強する環境を一緒に作り上げようとしています。

オンライン学習の良さとリアルの学習塾の良さを合わせようとしているサービスですが、中学生・高校生が他のアプリ等の誘惑もある中でどの程度スマホで学習しようとするのかは気になるところです。



ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------