名刺管理サービスのSansanがシンガポールでローンチ、東南アジアでの英語版サービス展開を加速

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.8.8

sansan_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

名刺管理サービスの Sansan は今日、シンガポールでのサービスの正式ローンチを発表した。英語圏でのサービスの立ち上げとしては、今年5月末のアメリカでのローンチに続いて2カ国目の展開となる。

Sansan は名刺をスキャンすることで、社内で容易に顧客管理環境を構築できるクラウドサービスだ。アメリカでのサービスローンチ以降、同社には特にアジア地域からサービスのローンチに対する問合せが相次ぎ、これを受けて7月からベータ版をシンガポールでローンチしていた。過去約2ヶ月間におよぶ英語版の運用の中で、同社はアメリカやシンガポールから、300社以上の企業ユーザを獲得している。

SanSan CEO の寺田親弘(ちかひろ)氏は、今回のシンガポール進出について、次のようにコメントしている。

今後3ヶ月で、100社以上の顧客を獲得することが目標だ。インド、インドネシア、フィリピン、オーストラリア、香港などの英語圏にも進出したいと考えている。

同社は2007年6月に設立され、同年9月から Sansan は日本国内で企業向けに Sansan(旧称:Link Knowledge)を提供してきた。同社は約6年半を要して日本国内で2,000社のユーザを獲得してきたわけだが、アメリカとシンガポールでは約2ヶ月間で300社を獲得しているので、単純計算でも6倍の速さで顧客獲得できていることになる。この顧客獲得のスピードを見る限り、むしろ、日本国外の方が商機の大きなサービスなのかもしれない。

Sansan は企業向けに有料名刺管理サービスを提供する一方、個人向けには Eight というフリーミアムの名刺管理サービスを提供している。

Sansan は今年5月、国際ビジネス展開を目的として、DCM、日本経済新聞デジタルメディア、産業革新機構、環境エネルギー投資、GMO Venture Partners から14.6億円を調達した。彼らの素晴らしい眺めのオフィスは最近、日本経済新聞社とニューオフィス推進協会から、その革新的なデザインに対して賞を与えられた。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------