TechCrunch 北京:台湾発のモバイルアプリ仮想デモ環境「VMFive」が最優秀賞を受賞、日・韓のスタートアップ・イベントへの出場権を獲得

by TechNode TechNode on 2014.8.13

vm5-techcrunch-beijing
Image credit: Tech in Asia

TechCrunch の国際イノベーション・サミット北京版では、胸躍るスタートアップ・コンペティションが展開された。会場では最終日15社がピッチを実施し、審査員がファイナリスト5社を選抜した。1時間に及んだコンペティションの結果、VMFive が最優秀賞を受賞し、日本や韓国との投資家にコンタクトできる機会のほか、年内の日韓で開催されるスタートアップ・イベントへの往復航空券を獲得した。

グローバル・ブレインの百合本安彦氏(訳注:原文では「CA创投」と記されているが誤記)、Google Asia Pacific CEO の Elliott Ng 氏、Sequoia Capital の Steven Ji(計越)氏、Eコマースサイト Lightinthebox の文心氏、そして、TechCrunch のシニア・エディタ Jonathan Shieber が審査員を務めた。

各社に与えられたピッチの時間は6分間、審査員は、イノベーション度、技術的難易度、プロダクトの完成度、市場可能性、企業優位性、プレゼンテーション・スキルなどの評価基準に基づいて審査を行った。

ファイナリストとして残った5社は次の通りだ。

VMFive

日本の Kii Cloud Platform 出身の人達が開発した、R&D に特化したクラウド仮想化技術。モバイルアプリをダウンロード/インストールする前に、PCブラウザやアプリストアの説明ページで、そのアプリのデモを仮想的に動作させることができる。

Roam & Wander(森遊)

子供に対して、楽しい学習体験を創り出すプラットフォーム。アプリストアのゲームカテゴリで常に上位。Didi や Tutu からライセンスされたアニメ・キャラクタのプロダクトを扱っており、現在、大きな売上を上げて、子供向けゲーム業界の関心を集めている。

億航

清華大学と北京大学の学生によって設立。Ghost 無人ドローンは、500〜900ドルで販売される見込みだ。簡単に操作でき、写真撮影に特化していることが特徴。

ghost

Coding

クラウド開発プラットフォーム、プロジェクト管理、ソースコード管理が可能。ソースコードを読み込ませることで、可能性のある問題点やバグを見つけることができ、今後、自動テスト機能や継続開発機能を追加の予定。

coding

Diitu(帝図)

台湾から参加のスタートアップ。人々の体験やそれに関連する記憶を扱う。集合記憶(Collective Memory)によって、一人の人間では到底記憶できないことを、集団で記憶することができる。家族の集まり、結婚式、パーティなど、その重要さや大小に かかわらず、イベントは多くの人に記憶されている。Diitu は、それらの記憶を一カ所に集め、イベント毎に整理して共有できる環境を提供する。

diitu

以上のチームについて、そのいくつかについては既に取り上げたので、この2日間に取り上げた記事をチェックしてほしい。また、受賞チームの祝賀写真を掲出したいと考えているが、具体的な説明、Dominique の受賞にあたっての感想、それらを整理するのに1〜2日間かかりそうだ。引き続き、北京で開催されたサミットの一連のレポートについて、期待してほしい。

【via Technode】 @Technode

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------