「メルカリ」が500万ダウンロードを突破、米国版の1日の出品数はすでに数千品超

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2014.9.16

Mercari-US-launch

The Bridgeでも追い続けているフリマアプリ「メルカリ」。今年7月頭には月間流通額が10億円を超え、また同月末にはデザインをリニューアルし、ダウンロード数が400万に到達したことをお伝えしました。

同社は本日、メルカリのダウンロード数が500万件を突破したことを発表しました。月間流通金額は、わずか2ヶ月ほどで10億円から数十億円規模にまで成長。リリース当初は女性ファッションアイテムなどが多かった出品カテゴリーも、現在では雑貨やメンズファッション、キッズ・ベビー用品など広がりを見せています。1日に新規に出品されるアイテム数は10万品以上だと言います。

また、メルカリといえば気になるのが米国進出。今年3月にサンフランシスコに子会社を設立し、9月12日(現地時間)にはiOSとAndroidでアプリを正式にローンチしました。本リリース前のテスト段階から現地ユーザーなどのフィードバックを反映してローカライズし、すでに1日の出品数は数千品を超えています。

米国のセカンド・ハンド市場(二次または中古)のプレーヤーはさまざま。安定して定着しているのは1995年に始まった地域特化型ネット版3行広告の「Craigslist」かもしれません。ただ、使い勝手やスマホ対応という点では大いに改善の余地あり。また、不要になったモノを簡単に出品できるとして始まった「Yardsellr」はサービスを閉鎖していて、超絶シンプルな出品体験が売りだった「Sold」もDropboxに“Acquihire”(人欲しさの買収)されています。

バーコードスキャナーとして始まった「ShopSavvy」は2012月頭にユーザー間でアイテムを売買できるマーケットプレイス「SavvyListingsを始めていますが、現在の調子は不明。ShopSavvyのユーザー数は当時で2,000万人でした。もともとバーコードスキャンの技術を売りにしていたため、スキャンすることで出品物の詳細入力の手間を省き、簡単に出品できるというのが売りだった模様。

というわけで、セカンドハンドを扱うスマホアプリとしては、まだまだメルカリにもチャンスがあると言えそうです。今後どんな展開を見せてくるのか、楽しみです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------