キーワード検出技術のStudio Ousia、システム開発大手のエヌアイデイから1億円を調達し新アプリを開発へ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.9.3

studio-ousia-nid_logos

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

神奈川・藤沢に拠点を置き、ウェブサイト上のキーワード検出に特化したサービスを展開するスタートアップの Studio Ousia は2日、東京のシステム開発会社エヌアイデイ(東証:2349)から8月28日付で1億円を調達したと発表した。なお、エヌアイデイの資料によれば、今回の出資による取得株式比率は33.5%。Studio Ousia は調達資金を用いてエンティティ・リンキング技術を強化し、ウェブサイト上のキーワードを Wikipedia などのナレッジベースと連携するサービスの開発を進めたいとしている。

Studio Ousia は慶応大学SFCのインキュベーション・プログラムの傑出した卒業生で、2012年にスマートフォン・ブラウザ向けのキーワードの自動リンク付けプラグイン「Phroni」をローンチ。同年には、ニッセイキャピタルから7,000万円を調達している

前出のエンティティ・リンキング技術を使ったサービスとして、モバイル開発者向けのキーワードリンク機能追加SDK「Linkify」、昨年には、ブロガー向けのアフィリエイト・ソリューション「LinkPlaza」をローンチしている

今回の資金調達の目的とされる、エンティティ・リンキング技術開発の強化の結果として、具体的にどのようなサービスに行き着くのかは未定だが、特に広告分野や、ウェブ上のみならず実世界向けのアプリケーションの開発に重点が置かれるとのことだ。

例えば、容易に思いつくのは、Google Glass に代表されるスマートグラス向けにアプリを提供し、ユーザの目前にある文字を認識して、Wikipedia 上の関連情報を検索しスマートグラス画面上に映し出すなどの機能だ。スマートデバイスの隆盛に伴い、キーボードのインターフェイスを使わない情報入力や、デバイスとのインタラクションが求められるシーンが増えており、同社ではこの分野への技術の応用に期待を寄せている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------