#StartupAsia Tokyo 2014 Day1: 日本のVC各社が考える、東南アジアのスタートアップ投資の魅力と課題

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.9.3

japanese-investors-sea-startups_2

これは Startup Asia Tokyo 2014 の取材の一部だ。

日本の独立系VCやCVCから、東南アジアのスタートアップに対する投資は増加する傾向にある。「日本の投資家が東南アジアに投資している理由は?」と題されたこのセッションでは、特にこの地域への投資実績の多い投資家たちが、市場の背景や動向などを交え洞察を共有した。

このセッションに参加したパネリストは、

  • トランスコスモス ディレクター 松尾俊哉氏
  • GREE Ventures パートナー 堤達生氏
  • グローバル・ブレイン 創設者CEO 百合本安彦氏
  • IMJ Investment Partners CEO 堀口雄二氏
  • East Ventures 共同創設者/マネージングパートナー 衛藤バタラ氏

モデレータは、Infinity Venture Partners の田中章雄氏が務めた。

限られたスタートアップに、日本の複数のVCから投資が集中する理由

Startup Asia Tokyo 1日目の午前中のセッションで、インドネシアの化粧品Eコマース Luxola の創業者 Alexis Horowitz-Burdick のプレゼンテーションがあった。GREE Ventures も、トランスコスモスも、グローバル・ブレインも同社に投資している。

THE BRIDGE の読者もおわかりかもしれないが、まるで複数の投資家がどこかで口裏を合わせたように、同じような東南アジアのスタートアップに投資が集中する状況が起きているが、これはVC各社が、投資対象として条件に合致するスタートアップを探した結果だという。

トランスコスモスは、東南アジアのスタートアップへの投資案件が多いわけではないが、Luxola のほか、インドネシアのレディースファッション Berrybenka、タイの電子出版プラットフォーム Ookbee などに投資をしている。

Ookbee がタイ市場で事業がうまく行っている背景について、トランスコスモスの松尾氏は次のように語った。

タイでは、雑誌や書籍は所得に対して高い傾向にあり、友人同士で回し読みをする習慣がある。なので、安く提供できる電子書籍は受け入れられやすい。キャリアは端末にアプリを載せたい意向があった。(日本では出版社がコンテンツのデジタル配信に保守的なのに対し)、現地の出版社もコンテンツを載せたいと思った。ユーザ、キャリア、パブリッシャのいずれのメリットも一致したのは、アジアの特徴的な状況かもしれない。

East Ventures は、日本やインドネシア、最近では一部、タイのスタートアップにも投資を始めているが、今後投資を増やしたい分野について、衛藤氏は次のようにコメントした。

インドネシアは島国なので、高速道路とか電車はあまり発達していない。人々は移動に飛行を使うので、その周辺に注目している。飛行機の予約プラットフォームを作るスタートアップなどだ。

グローバル・ブレインの百合本氏は、最近、シンガポールで広告関係のスタートアップに500万ドルを出資したこと明らかにした。現時点で投資先の具体的な社名は明らかにできないとのことだが、9月中には、日本のVC による東南アジアのスタートアップへのビッグディールとして、にぎやかな発表がなされるだろう。

japanese-investors-sea-startups_5

東南アジアの決済ソリューションは、これからもホットなエリア

IMJ Investment Partners は最近、フィリピンの Ayannah の決済プラットフォームに投資した。IMJ の堀口氏によれば、フィリピンの国内外の決済需要は6.5兆円に上る。フィリピンは国外への出稼ぎ労働者が多く、フィリピン国内に居る家族への送金需要が大きいためだ。興味深いことに、Ayannah は決済プラットフォームとして域を越え、最近ではモノを送ったりするEコマースの機能も持ち始めているとのことだ。

しかし、ホットな領域は、投資家にとって別の悩ましい問題をもたらしている。

プリペイド決済の領域は面白いと思っていて、結構見ている。しかし、決済のスタートアップというのは概してバリュエーションが高く、なかなか手を出すことができない。(GREE Ventures 堤氏)

私の感覚では、シードのスタートアップのバリュエーションで10億円、アーリーステージで20〜30億円とか。この1年間くらいで、すごく高くなったように思う。(グローバル・ブレイン 百合本氏)

インドネシアでは、エンジニアの人件費も高くなった。日本円で、大学の新卒で月給2万円くらいなのに、エンジニアは20万円くらい。したがって、VC からの調達金額も上げないといけない、という状況が起きている。(East Ventures 衛藤氏)

数年前までは、そもそも東南アジアに投資家が少なかった。しかし、投資家が増えたことで、投資金額や案件が増え、結果的にバリュエーションが上がっている。これは市場経済においては必然的だが、刻々と変化する市場動向を見極めながら、オフショアや開発拠点の移転などでバーンレートを圧縮するような工夫が、起業家にも求められるかもしれない。

高まるヨーロッパの投資家のプレゼンス

japanese-investors-sea-startups_3
モデレータを務めた、Infinity Venture Partners の田中章雄氏。

東南アジアでは、日本からのスタートアップへの投資が増える一方で、ヨーロッパ勢の隆盛も甚だしい。その代表格は Rocket Internet だろう。Rocket Internet が多額のバリュエーションをつけて大きなディールを進める中で、日本の投資家も影響を受けているのだろうか。

田中氏のこの質問に、確かにインパクトはあるものの、人の流入が増えているという点では Rocket Internet のような動きも、歓迎されるべきだろうするのが、パネリスト達の共通する見解だった。IMJ の堀口氏は最後にこう付け加えた。

日本のVC が Rocket Internet に勝てるかどうかそれはわからないが、彼らを経由してヨーロッパのたくさんの人脈が東南アジアに入って来ている。我々も東南アジアで投資をやっている以上は、どこかで日本の企業や経済にも役に立ちたいと思っている。しかし、このままだと、日本企業が負けてしまうよ、と言いたい。もっと早く来て、速く動かないと…。(IMJ 堀口氏)

日本の投資家に残された、最後のフロンティアとしての東南アジアは2013年まで。2014年になると、欧米の投資家が東南アジアの魅力に気づいて入って来るよ、というのは、これまでにも筆者が各所で投資家から聞いた見解だ。

深夜特急はもう発車している。東南アジアのスタートアップへの投資をお考えの皆様は、お乗り遅れのごさいませんように。

japanese-investors-sea-startups_1

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------