映像とアプリを活用し現場の店舗スタッフのスキル向上をサポートするサービスマネジメントツール「ClipLine」

by Junya Mori Junya Mori on 2014.10.6

ClipLine

ジェネックスソリューションズが、飲食やアパレル業界など、多店舗・多業態展開型ビジネスを手掛ける企業向けのサービスとして、映像とアプリケーションを活用したサービスマネジメントツール「ClipLine」の提供を本日より開始した。

ジェネックスソリューションズは2013年7月に創業した経営コンサルティング事業およびデジタルソリューション事業を手掛ける企業だ。会社の立ち上げから1年ほどの期間、経営コンサルティングの事業での稼ぎを開発につぎこみ、今回のサービスリリースに至った。

同社の経営コンサルティング事業のクライアントは飲食事業を展開する企業が中心。日々、クライアントの課題に触れる中で、今回のサービスを着想したという。経営者は求めるサービスのクオリティを現場スタッフに徹底するのが困難であること、また現場の状況がわからないことや用意した教育ツールが活用されないといった悩みがあった。

他方で現場店長には忙しくてスタッフを育成する時間が足りないこと、提供するサービスのレベルが上がらないこと、すぐにやめてしまうスタッフも多く、同じ指導の繰り返しになるという課題があった。現場スタッフには、十分な指示が届かないこと、店長や先輩スタッフなど人によって指示がバラバラなことなど、三者三様に抱えていた課題を解決するためのサービスが「ClipLine」だ。

ClipLine TOP

サービスのクオリティ、従業員のおもてなし力を上げるためには企業内でのサービスマネジメントが必須。理想のサービスマネジメントを実現するために、現場の従業員教育と本社と各拠点間のコミュニケーションにおける課題を解決していく必要がある。

「ClipLine」は多店舗・多業態展開型ビジネスを手掛ける企業の従業員教育と本社・各拠点間のコミュニケーションを動画主体で行える仕組みを提供する。以下はサービスを紹介する映像だ。

【公式】ClipLine 多店舗多業態ビジネス向けサービスマネジメントツール from ClipLine on Vimeo.

「ClipLine」は、iPad向けのアプリで、学習者向けアプリと指導者向けアプリの2パターンが用意されている。アプリではスタッフが必要になる各行動をシーンごとに映像を作成し、いつでも閲覧できるようになっている。

02_お手本動画一覧2

現場のノウハウやアイデアは企業全体に共有されて手本となり、継続的な学習を支援するために学習状況を共有できる仕組みの他、TODOリスト機能や自らの動きを撮影できる機能、お手本映像と比較して再生できる機能などいくつか用意されている。

06_お手本動画と練習動画の比較2

教育ツールはこれまで、一度作成してしまうと簡単に更新することはできなかった。だが、こうしたサービスであれば、新しく教材を作ることも容易だ。ユーザは最初にまとまった数の映像を作成する必要があるが、導入のタイミングでジェネックスソリューションズから撮影チームが派遣され、映像を撮影するサービスも提供される。

撮影にかかるフィーと、サービスの利用料を負担する。「ClipLine」はすでに、上場企業含む数社にて順次トライアルを実施し、トライアル先の 1 社であるダイヤモンドダイニング、ゴールデンマジック、バグースらが展開する 62 ブランド、215 店舗全店への導入を開始している。

ジェネックスソリューションズは国内の飲食チェーン事業を手がける企業に同サービスを展開し、アジアを中心としたアジア市場への進出も視野に入れている。同社はリリースしたプロダクトが好調であれば、注力して伸ばしていくために出資を受けることも視野に入れているという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------