ジェネストリームが毎月の交通費入力を短時間化する「Suica-hacker(スイカハッカー)」を公開、ビジネスマン向けプラットフォームの構築へ

by Junya Mori Junya Mori on 2014.10.9

suica hacker

ビジネスマン向けのスケジュール調整サービス「Cu-hacker」を提供しているジェネストリームは、交通費精算を短時間で終わらせるAndroidアプリ「Suica-hacker(スイカハッカー)」の提供を本日開始した。アプリはこちらのストアからダウンロードできる。

Suica-hacker(スイカハッカー)をAndroidスマートフォンにインストールすると、SuicaやPASMOをかざすだけで、SuicaやPASMOの履歴を読み取る。読み取った乗換え履歴一覧は自動的にまとまり、時系列で閲覧可能だという。

suica hacker android

有料機能では、乗り換え履歴の一覧をCSV形式で端末にエクスポートできるという。CSV形式でダウンロードできるため、コピーして社内のエクセルに貼付けることで交通費精算が完了する。

Suica-hackerは、今後日本全国の交通系ICカードへの対応を進めていく予定だという。さらに、ジェネストリームが提供しているスケジュール調整カレンダー「Cu-hacker(クウハッカー)」や、既存の家計簿/会計サービスとの連携も実施していくという。

本誌の取材に対して、ジェネストリーム代表の秋貞 雄大氏は、iPhone版アプリ提供の予定については以下のようにコメントしている。

秋貞氏「現在iPhoneアプリを提供する予定はありません。FeliCaが日本独自の規格なため、最新機種のiPhone6でも対応する事ができないためです。」

また、CSVエクスポート以外のSuica-hackerの有料機能については、

秋貞氏「有料機能にするかどうかは未定ですが、家計簿サービスや会計管理サービスと今後提携し、交通費データを流し込んでいきたいと考えています。」

とコメントしている。ジェネストリームは、今後、ビジネスマン向けの便利アプリ・サービスを複数展開し、ビジネスマンのデータベースプラットフォーム「Biz-hacker(ビズハッカー)」を構築していく方針だ。年内にCu-hackerとSuica-hackerを含む、計5つのビジネスマン向けサービスをローンチする予定となっている。

未発表のサービスに関して秋貞氏に伺ったところ、タイトルと簡単なキャッチコピーを教えてくれた。

  • Reserve-hacker – 個人事業主、または中小企業コンサルタントの方にお使い頂ける、簡単な予約管理サービス。Cu-hackerのスピンオフ版。
  • Team-hacker – これは、個人とチームのToDoを中心とした新しいマネジメントサービス。個人のtodoをチームで一緒に落としこみ、進捗がリアルタイムに可視化されるので、個人に負担をかけずに目標達成が可能に。
  • Memo-hacker – スケジューラーとクラウドファイルサービスを連携させた、議事録のオートキュレーションサービス。EvernoteやGoogleドライブで生成された議事録、また会議中に撮ったホワイトボードの写真を、一切の設定なくカレンダーの予定に自動的に合わせる。

これらは来月一気に全サービスの公開を予定しているそうだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------