ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」がiOSアプリをリリース

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.11.7

creema_iosapp_screenshots

ハンドメイド商品のC2Cマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営するクリーマは昨日、Creema の iOS アプリをリリースしたと発表した。同社は今年6月に、KDDI Open Innovation Fund から1億円を資金調達しており、今回のアプリリリースは、この資金を使ったモバイルユーザのアクセシビリティ向上を意図したものだ。

Creema は2010年のサービス開始以降、出品点数は65万点以上、月間訪問ユーザ数は200万人を突破。先の資金調達に際しての KDDI との提携から5ヶ月が経過した現在、月間流通総額がそれ以前の2倍以上に達するなど、順調な成長を見せている。メルカリFril などのC2Cフリマアプリとの差別化という観点からは、Creema はハンドメイド商品が対象であるため、掲出されている商品に加えて、購入希望者が製作者とコミュニケーションをし、オーダーメイドのデザインを依頼できる点が挙げられるだろう。

今回リリースされているバージョンでは購入希望者が商品を閲覧・購入することができるが、今月中旬にリリースされる次期バージョンで、商品の製作者が出品できる機能も追加される予定だ。

この分野では先ごろ、Infinity Venture Partners が出資する台湾のハンドメイド・マーケットプレイス Pinkoi が日本に進出を果たしており、台湾本国とは異なり、日本では特にモバイル先行のマーケティング戦略をとる意向を明らかにしている。Pinkoi には Android および iOS 向けにアプリがリリースされているが、Creema がiOSアプリをリリースしたことで、迎えるクリーマ側にも臨戦態勢が整ったと理解することができるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!




----------[AD]----------