スケジュール調整サービス「Cu-hacker」がSalesforceに対応、co-meetingとジェネストリームが共同開発に着手

by Junya Mori Junya Mori on 2014.11.21

co-meetingとジェネストリームが、スケジュール調整サービス「Cu-hacker」のセールスフォース・ドットコムが提供するクラウドサービス「Salesforce」対応版である「Cu-hacker for Salesforce」の共同開発に着手した

co-meetingはチーム向けコラボレーションツール「co-meeting」を開発している。同社のサービスの様子は以下のとおり。



同社は「SalesFollowUp for Salesforce」という「Sales Cloud」ユーザへ向けた、営業現場のためのセールスフォローアップダッシュボードも開発しており、2014年10月10日から無償提供を開始している。SalesFollowUpに続くSalesforce AppExchange向けアプリケーション第2弾が、この「Cu-hacker for Salesforce」だ。

Salesforce1_Cu-hacker画面 Salesforce1_ドロワーメニュー

「Sales Cloud」は、Salesforce1 Platformで構築されたSFA(sales force automation)。SFAはIT技術を用いて営業部隊の生産性向上、効率化を進めることやそれを実現するための情報システムだ。

SalesFollowUp for Salesforce

「SalesFollowUp for Salesforce」はフェーズごとの商談を把握し、ドラック&ドロップだけの簡単操作でフェーズ間の移動が行えるようになっている。行動やToDoなど、次のアクションの有無もひと目で確認できる。

co-meetingは、2014年12月4日に開催される「Salesforce World Tour Tokyo」に出展予定。当日は開発中の「Cu-hacker for Salesforce」のほか、「SalesFollowUp」も閲覧できる。

「Cu-hacker for Salesforce」は価格は未定だが、有償での提供を予定しており、2015年2月頃にリリース予定となっている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------