グローバル・ブレインが、東大発のストレージ仮想化技術スタートアップIzumoBASEに1.6億円を出資

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.11.28

izumobase_featuredimage

東京のスタートアップ向け投資会社であるグローバル・ブレインは今日、ソフトウェア・ストレージ技術を開発する東大発の技術志向型スタートアップ IzumoBASE に出資したと発表した。出資金額は1.6億円(当初、出資額非開示としていましたが加筆修正しました)。

IzumoBASE は Software-Defined Storage(SDS)技術を開発している。Software-Defined と聞くと、Software-Defined Network(SDN)を提供するスタートアップであるミドクラのことを思い出す。SDN は複数のネットワーク機器を集中的に一つのソフトウェアで管理することで、効率的かつ柔軟にネットワークを運用するテクノロジーだ。対して SDS は、通常、クラウド環境の構築に必要とされる専用ストレージを使うことなく、汎用的なサーバ環境にソフトウェアを入れることで、簡単にクラウド環境を構築してしまおう、という技術だ。汎用的なハードウェアを使うためコストが圧倒的に安くなり、故障したときのリプレイスも簡単になる。中小企業でも、簡単に自前のプライベートクラウド環境が構築できるようになるわけだ。

IzumoBASE が開発するSDS製品「IzumoFS」はインライン重複排除という機能も備えており、データをストレージに書き込む際にブロック単位で重複があった場合には、リアルタイムで該当するブロックを書き込まない処理をする。こうすることで、不要な重複データがストレージに書き込まれなくなり、ストレージの入出力スピード、容量効率の向上を可能にする。

クリエーションラインネットワークバリューコンポネンツユニアデックスといった、クラウドベンダー/SI などとも協業体制を整えており、同社では今後、調達した資金を使って、SDS の製品開発と普及活動に注力したいとしている。

IzumoBASE は、東京大学大学院で情報理工学の博士課程を修了した荒川淳平氏が2012年に設立したスタートアップだ。荒川氏が先日行った講演の内容が公開されていたので、SDS について詳細を知りたい人は、以下のビデオを見てみるとよいだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------