インドネシアのTouchTen Games、ネコ耳婦人警官ゲームの開発に向けてKickstarterで資金調達を開始

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.11.4

Ramen ChainSushi Chain などのゲームアプリ、O2O 向けのゲーミフィケーション・プラットフォーム開発で知られる、ジャカルタのスタートアップ TouchTen Games は先頃、新作ゲームタイトル「Target Acquired」の開発に向けて、Kickstarter で資金調達を開始した。資金調達の目標額は1万ドルだが、資金調達開始から約1週間で目標額のほぼ半分を超えていることから、このプロジェクトの成功はほぼ時間の問題だろう。

Target Acquired の開発にあたっては、カプコンの人気ゲームシリーズ「ロックマン」の音楽を手がけた作曲家・松前真奈美氏を起用、さらに、元スクエア・エニックス・インドネシアCEO照屋遼氏をデザイン・コンサルタントに迎える。まさに、ジャカルタ発の本格派日本ゲームアプリと言えるだろう。

このゲームでは、Yura という名前のネコ耳の婦人警官が、世界支配を企むサイボーグのネズミを追いかけるというストーリーが展開する。プレーヤーは〝ネコ耳ポリス〟という街の中を駆けずり回り、さまざまな障害を乗り越え、敵であるネズミを倒す。宝物を手に入れたり、ボスロボットに出くわしたりする過程で、Yura のユーザレベルが上昇する。

TouchTen Games は、Target Required を Android 向けに2015年5月にリリースすることを目指しているが、Kickstarter で資金を提供したユーザには、5ドルで壁紙データ、10ドルで1月の時点でベータ版が利用できるようにするなどの便宜を提供する予定だ。

TouchTen Games は昨年、サイバーエージェント・ベンチャーズやトムス・エンターテイメントから資金を調達しており、また、 Kickstarter で調達している1万ドルという金額では、ゲームタイトル1本の開発には間に合わないことを考えると、今回のキャンペーンの立ち上げは資金調達よりも宣伝的要素が高いのだろう。筆者は11月末に TouchTen Games CEO の Anton Soeharyo 氏と会う機会があると思うので、その際、詳しい話を聞いてみたいと思う。

<関連記事>

target-acquired-touchten-games-team

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------