ハートを送り合うだけのカップル向け非言語アプリ「Heart is in」がAndroid版で登場

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2014.12.24

Heart-is-in

今年8月にiOSアプリとしてリリースされた、恋人間でハートをキャッチボールするアプリ「Heart is in」。そのAndroid版が今日リリースされました。このカップル向けアプリを提供するのは、ブログサービス「Decolog(デコログ)」の運営や、雑誌「女子カメラ」を出版するミツバチワークスです。

Heart is in は、ハートをやり取りする相手を1人だけ選ぶことから始まります。あとは、自分の画面にあるハートをタップすることで相手に送るだけ。ハートを受け取った相手は、それをまた自分に送り返してくれることで、ハートのキャッチボールが生まれます。サービス開始から4ヶ月間で、ハートの総送信数は300万回を超えているそう。

何となく気恥ずかしい気もする「ハートのキャッチボール」ですが、年齢を超えて様々なカップルに受け入れられているんだとか。利用者には30代以上のカップルも多く、トップランナーは40代のカップル。また、カップルだけでなく、女の子同士で使っていたり、一緒にいる時でも使うなど、非言語なコミュニケーションへの需要を感じさせます。

言葉では語り尽くせないこと、スタンプではドンピシャなものが見つからないこと。そんな時の気持ちの表現に、ハートがぴったりハマっているのかもしれません。

クリスマスイブの12月24日。きっと、いつも以上にハートが多くやり取りされるはず。

 

 

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------