ソーシャルプロモーションのインタレストマーケティングがビジュアル大手のアマナと資本業務提携、アドテクサービスを共同開発へ

Masaru IKEDA by Masaru IKEDA on 2014.12.12

amana_interest-marketing_logos

ソーシャルプロモーション・メディア「Kolor」で知られるインタレストマーケティングは今日、映像画像大手のアマナと資本業務提携を締結したと発表した。これに伴い、インタレストマーケティングはアマナ(東証:2402)に対して4,000万円の第三者割当増資を実施する。

インターレストマーケティングは昨年、ニッセイ・キャピタルやみずほキャピタルから合計数億円程度を調達しているが、今回のアマナとの提携は資金面よりむしろ、事業シナジーに主眼を置いたものと考えられる。

アマナは、アマナイメージズに代表されるストックフォト事業など、映像・画像関連で最大手の事業会社だ。年間1万件を超える広告クリエイティブを製作しており、ビジュアル・コミュニケーションに関わる独自の経営資源やノウハウを蓄積している。

今回の提携により、両者は互いの顧客基盤やノウハウを活用して、新たなアドテクサービスを共同開発するとしている。また、「Kolor」をアマナが広告クリエイティブとバンドル販売することにより、マスメディアとソーシャルメディアを通じた消費者リーチをワンパッケージで顧客に提供できるメリットも生まれるだろう。

インタレストマーケティングの代表を務める坂井光氏は、かねてから、業界全般としてキュレーション・メディア/ソーシャルプロモーション・メディアの他事業との提携が加速することを予想しており、今回の提携は自らがその先陣を切ったことになる。今回のアマナとの提携に先立ち、Kolor は今年8月、共同通信PRワイヤー、USEN の「favoreat」とも連携を開始している

Masaru IKEDA

Masaru IKEDA

1973年大阪生まれ。インターネット黎明期から、シンクタンクの依頼を受けて、シリコンバレーやアジアでIT企業の調査を開始。各種システム構築、ニッポン放送のラジオ・ネット連動番組の技術アドバイザー、VCのデューデリジェンスに従事。SI、コンサルティング会社などを設立。Startup Digest(東京版)キュレータ。

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース