カスタムオーダー可能な腕時計「Knot」がブランド旗艦店を出店するためのクラウドファンディングをスタート

Junya Mori by Junya Mori on 2014.12.27

knot

今年の6月、クラウドファンディングサイト「Makuake」にプロジェクトを掲載し、資金調達を行った500通り以上のカスタムオーダーが可能な腕時計「Knot」が2014年の終わりに新たなチャレンジを開始した

<関連記事>

このプロジェクトは、掲載から1ヶ月後の2014年7月には目標金額の100万円を大きく上回り、約500万円の資金調達に成功。調達した資金は、ユーザがカスタマイズオーダーするためのサイト構築、製品を量産するためのコストなどに充てられた。

これまで販売は「Knotオンラインストア」を通じて実施されてきたが、初めてのリアル店舗「Maker’s Watch Knot 吉祥寺フラッグショップ」を2015年3月4日(水)、吉祥寺にオープンするため、新たにクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げた。

knot shop

目標金額は300万円。このプロジェクトを支援した人には、日本全国で100名限定の永久会員特典として、リアル店舗で取り扱う全ての商品を10%OFFで購入できる権利や、限定販売の革の王様と呼ばれる日本製のオイルドコードバンベルトが5,000円で手に入るなど、特別なリターンを設けている。

以前、本誌では最高の馬肉を扱う高級馬肉専門店を出店しようというクラウドファンディングプロジェクトを紹介した。このプロジェクトも、クラウドファンディングを支援した人限定のリターンを用意しており、資金調達と顧客獲得を同時に実施していた。

<関連記事>

ハードウェアと店舗出店はクラウドファンディングと相性がいいと筆者は考えている。クラウドファンディングを活用しながらプロダクトの開発、ブランド旗艦店の出店までを行う「Knot」の取り組みには注目だ。

店舗のオープンは2015年3月の予定している。

Junya Mori

Junya Mori

モリジュンヤ。2012年に「Startup Dating」に参画し、『THE BRIDGE』では編集記者として日本のスタートアップシーンを中心に取材。スタートアップの変革を生み出す力、テクノロジーの可能性を伝えている。 BlogTwitterFacebookGoogle+

メールマガジンに登録すると、THE BRIDGEに掲載されたニュースや、スタートアップイベント情報をゲットできます!

人気ニュース