2014年、インドのスタートアップが資金調達した金額が54億ドル以上に

by e27 e27 on 2015.1.2

3299057742_d82f911e13_o-e1419316746112
Image credit: Dinesh Cyanam / Flickr

ある業界報告によれば、2014年インドのスタートアップが資金調達した金額が54億ドル以上に上ることが明らかになった。これは、インドのEコマース業界に対するベンチャーキャピタルの強い関心によるものだ。

オンライン・ショッピング・モールの Snapdeal や Flipkart がこの流れを牽引した。Snapdeal は2011年にシリーズAラウンドで1,200万ドルしか調達しなかったが、今年は8億6,000万ドルを調達した。さらに驚くべきことに、Flipkart は今年、シリーズHラウンドに向けて、総額19.1億円を調達している。

これら2つのスタートアップが調達した資金だけでも、金額は30億ドル近くに上る。Flipkart の時価総額は110億ドルに上ると噂されており、インドのスタートアップ史上最も資金を調達した企業と言えるだろう。

<関連記事>

このほか、今年、インドのスタートアップ・シーンで注目すべき調達には、2.5億ドル以上を調達したオンデマンド・タクシー・サービスの Olacabs、1.5億ドルを調達したクラシファイド・サイトの Quikr、6,000万ドルを調達したレストラン・プラットフォームの Zomato などがある。

Blume Ventures の共同創業者でマネージング・ディレクターの Sanjay Nath 氏は、先月 e27 と行ったインタビューの中で、次のようにコメントしている。

今こそ、インドの時代だ。今日の新しいテックのロールモデルは、Flipkart、Inmobi、Snapdeal の創業者たち、Mu Sigma たちだ。今日のインドの起業家は、こういったロールモデルの人たちと、同じような学歴と業務経験を持っているのだから、説得力のある弱点に確信を持てば、それを解決することを敬遠しないようになるだろう。

この業界報告は、次のような指摘もしている。

ニューヨークの調査会社 CB Insights によると、ベンチャーキャピタルやプライベート・エクイティからの技術投資額において、今年度最終四半期、インドは中国を追い越すかもしれない。日本のソフトバンクは、インドで100億ドルに上る投資を発表しており、インドに対する投資総額は中国を上回ることが予想される。

一方、Forbes & Company のマネージング・ディレクターで CEO の Ashok Barat は、インドとビジネスをするにあたって、インド国外の人たちは忍耐を学ぶ必要があるだろうと述べている。先月の e27 とのインタビューの中で、彼は次のように述べている。

インドでビジネスをするのなら、短期的な利益リターンは期待すべきではない。インドは12億人もの人口がいる魅力的な市場であるが、非常に多くの事業者が競争をしており、そこで成功するのはたやすいことではない。

【via e27】@E27sg

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------