予約システムのCoubicが、サロンの当日予約・直前予約専用アプリ「Popcorn(ポップコーン)」をローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.2.9

popcorn_featuredimage

予約ページの自動化システムを提供する Coubic は今日、サロンの当日予約・直前予約に特化したスマートフォンアプリ「Popcorn(ポップコーン)」をローンチした。iOS 7.1 以上に対応しており、iTunes AppStore からダウンロードできる。

Popcorn は、東京の恵比寿・渋谷・代官山・表参道・六本木・吉祥寺などを中心とした美容院、ネイル、まつエク、リラクゼーション、エステのサロンを扱う当日予約・直前予約アプリで、ユーザは通常価格の最大70%引きの価格でサービスを受けることができる。アプリ上で予約と同時に決済が完了するので、施術を受けた後に店頭で料金を支払う必要がない。

店舗にとっては簡単な操作で予約の空き時間帯に見込客を呼び込むことができるため、追加費用をかけずにプロモーションや販路開拓ができるメリットがある。Popcorn の店舗向け管理画面には、Coubic が予約システムで培ったノウハウが詰め込まれており、簡単な操作をするだけで、翌日や当日の空き時間に見込客の予約受け入れを設定できる。

Coubic(予約システム)のサービスは、アウトバウンドのセールスはせず、ウェブを中心としたマーケティングのみでユーザを集めてきました。一方、Popcorn の方は自分たちの足で店を一軒一軒巡って、オーナーさんに需要を理解してもらい、Popcorn に参加してもらうようにしました。自分たちが選んだサロンに参加してもらう、キュレーション・メディアという意味合いもあると思います。(CEO 倉岡寛氏)

Popcorn の対抗馬として容易に頭に浮かぶのはホットペッパー・ビューティーだが、こちらが向こう3週間程度の予約が可能であるのに対し、Popcorn は当日および直前の予約に特化している(サロンオーナーの運用方法にもよるが、前日の夜か当日の朝位に空き状況がアプリに反映される)。

個人経営の小規模な店舗においても、急に空いた時間帯に Popcorn 経由の受け入れを設定できたり、雨が降った日の値引などが柔軟に設定できたりする。また、ホットペッパー・ビューティーでは料金決済の多くを店舗訪問時に対面で実施しているようだが、Popcorn では予約時に料金を決済を完了するため、予約キャンセルのリスクを極小化することができる。

少し髪を切りたい女性はもちろん、パソコンのし過ぎで、ちょっとマッサージに行きたいというお疲れのサラリーマンにも利用できるのはうれしい。東京都心部でのアプリの利用動向を見ながら、サービス全国展開することも視野に入れているとのことだ。

popcorn_screenshots

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------