誰も聞いたことがない10億ドル規模のママ向けEコマース「Zulily」

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.2.11

Zuliily-website

 <Pick Up> The-billion-dollar e-commerce company you know nothing about

こんなECサイトがあるんだという発見が新鮮だったので、ピックアップしてみました。Zulilyはシアトルを拠点とするECサイト。ママが、家族のため、または自分のために欲しいと思うようなものなら何でも扱うママ向けアマゾンのようなもの。2013年11月には上場していて、2014年の年間売上げは10億ドル。

Zulilyは毎日取り扱う商品が変わるGiltのようなフラッシュセールのサイト。毎日朝6時になると、9,000点ほどの新商品と100件ほどのイベントが公開される。その後、15分ほどをかけて全顧客にメルマガを配信。ウェブサイトとモバイルアプリを、まるでカタログのようにデザインするのがこだわりなんだとか。具体的な数値は公開していないものの、トラフィック・トラッキングのAlexaによるとZulilyのデイリーの訪問数は70万ほど。顧客1人あたりのサイト滞在時間は9分ほど。

ファウンダーの奥さんが妊娠したことで、Zulilyのアイディアが生まれたそう。その中で、絶対にクリアしよう考えたのが、Zulilyのビジネスモデルをアマゾンのものとかけ離れたものにすること。ファウンダーはEC事業への参入を検討する起業家に対してこうアドバイスしてる。

もし、新たに事業を興そうと考えていて、それがオンライン小売りのスペースならこう自問するといい。それはアマゾンが既に満足できるレベルで提供しているものか?もし、答えがYESなら、さっさと次のアイディアに進むべきだ。

他のECサイトが主力商品としている商品を取り扱って、それをそのサイトより安価で販売するという形で巨大化してきたアマゾン。おむつを販売するDiapers.comがまさにそうで、同社は結局アマゾンに買収されてる。一方のZulilyは、毎日販売するアイテムが変わる、そのアイテムを厳選し、他では見つけられないものに絞っているという点で完全にユニーク。

また、在庫を持たないモデルだから商品到着までに数週間を要する。ECやリアルビジネスがいかに配達までの時間を短縮するかで競っていることを考えると、その逆を言っていて面白い。

毎日、サイトに訪れるママたちは買いたいものが決まっているから来るんじゃない。来ることが習慣になってる。実際、Zulilyの注文の80%がリピート顧客によるものなんだそう。いろいろとお勉強になりそうなサービス&記事なので、ぜひゆっくりご覧あれ。

via. Fast Company

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------